あおり運転も検知! 高画質高性能2カメラ搭載ドライブレコーダー「DRV-MR870」がJVCケンウッドより発売

あおり運転も検知! 高画質高性能2カメラ搭載ドライブレコーダー「DRV-MR870」がJVCケンウッドより発売

最大100時間も連続撮影が可能!

 株式会社JVCケンウッドは、昨今重要が急速に高まっているドライブレコーダーの新製品として、前後撮影に対応した2カメラタイプ「DRV-MR870」を発表。2022年10月下旬より発売開始する。

 万が一の際に録画されていないという事態を避けるため、最大容量128GBまでのSDカードが2枚挿入できる「microSDカードダブルスロット」を搭載。低フレームレート録画モード設定時には、最大で約100時間もの長時間録画が可能となる。スロット1からスロット2へのリレー録画にも対応しており、切り替わりの際に録画が途切れるといったことも避けられるのはありがたい。

 前後2カメラは高画質録画を可能にするべく、F値1.6という明るいレンズを搭載。また、高感度CMOSセンサー「STARVIS(TM)」も搭載し、対向車や歩行者など、対象物をしっかりと認識して夜間などの暗所でも明るく鮮明な高画質録画が可能となっている。加えてHDR機能により、逆光やトンネルの出入り口といった明暗差の激しい環境での白飛びや黒つぶれを抑えて安定した録画も実現する。

【関連記事】17歳で日産「R33GT-R」オーナーになった女子高生の「いま」とは? D1ドライバーを目指してただいま修行中!

フロントカメラの正面画像はこちら

 カメラ性能は、約500万画素のCMOSセンサーにより、フルハイビジョンの約1.8倍の高解像度であるWQHD3.7メガ記録モードを搭載。きめ細かい映像描画により、ナンバープレートなど細かい文字も鮮明に記録できる。

 特筆すべき機能として、後方からの急接近や蛇行運転といったあおり運転を自動で検知し、録画するAIセンシング機能を搭載している。

 後方カメラが後続車を補足し、AI機能の検知エリアに車両が侵入すると自動追尾をスタート。この検知エリア内で急接近や蛇行運転を続けていた場合、ドライバーに対して警告音と画面表示で知らせると同時に映像録画が書き換えずに保存するイベントフォルダへ自動的に移動し、記録を残してくれる。走行車線を普通に走っていても、被害に遭ってしまうことがあるだけに、安心できる機能ではないだろうか。

 さらに、リヤガラスがスモークでも明るく録画できるスモークシースルー機能を搭載。別売りの車載電源ケーブルを使用することにより、24時間365日の録画も可能に。駐車中、フロントカメラに内蔵されているGセンサーが検知することで、ドライブレコーダーが起動。前後2台のカメラが撮影した映像を、1ファイル60秒で記録してくれる。バッテリーあがりが気になってしまうが、微小な暗電流を使用するため、バッテリーへの負担も抑えてくれるのはうれしい。

 これだけの機能を搭載しておきながら、JVCケンウッドの市販ドライブレコーダーとしては初となる3年間の長期保証も付与されている。安心して使い続けられるので、ドライブの頼もしい味方になってくれること間違いなし。万が一の事態を確実に録画できるドライブレコーダー「DRV-MR870」とともに、安全で楽しいドライブを満喫してほしい。なお、製品は10月下旬より発売開始で、オープン価格(市場推定価格は消費税込みで4万4000円)となっている。