今後はクルマの必須装備となる可能性大! 後付け品も増えてきたデジタルルームミラーの選び方 (1/2ページ)

noteで書く
今後はクルマの必須装備となる可能性大! 後付け品も増えてきたデジタルルームミラーの選び方

この記事をまとめると

  • 荷物満載のときや夜間でも後方視界を確保できる
  • アフターマーケットでも人気でドラレコ機能付きが多い
  • 選ぶ際のポイントを解説する

ルームミラーをデジタル化して夜間でもクッキリ

 最近増えているのが、「デジタルインナーミラー」だ。「デジタルルームミラー」などとも呼ばれ、今まではアナログ的にミラーに映していた後方の様子を、リヤに取り付けたカメラからの映像としてモニターに表示するのが特徴となる。

メーカー純正での採用も増えてきている

 メリットとしては後席に人が乗っていたり、ラゲッジに大量の荷物を積んでいても後方の様子がしっかりと映し出させるというのが大きい。つまりジャマで見えないがなく、そもそも荷台で後方がまったく見えないトラックにも採用されているのはこのためだ。また、映像処理を行うことで、夜間でも明るく映し出すことが可能なのも安全面でのメリットとなる。

 逆にデメリットは、あくまでも処理された映像のため違和感があること。純正でも初期のものは解像度が低くて荒かったし、動きが滑らかではなくモニター感が強かった。なかにはしばらく見ていると酔った感じになることもあったほど。また、見える範囲がノーマルのミラーと異なることで違和感が出ることもある。あとはオプションだと、別途費用がかかることぐらいだろう。

【関連記事】確かに国産ワゴン! だが確実にアメリカン! イジリ倒したクラウン&サニーのワゴンがクールすぎる【34th MOONEYES Street Car Nationals】

最新ハリアーは前後方録画機能付きデジタルインナーミラーをトヨタ初採用画像はこちら

アフター品ではドラレコ機能付きが人気

 最近では性能がかなり向上したこともあって違和感は減り、これからも純正装着が増えていくであろう装備だ。これをアフターマーケットが見逃すわけはなく、デジタルミラーのバリエーションは増えていて、人気のジャンルになっている。それだけに性能、品質、そして価格がバラバラというのが現状だ。

 機能についても純正のようにただ後方を映すというだけでなく、ドライブレコーダーが付いているものも多い。ちなみに純正については、必ずしも標準装着が喜ばれるわけではないということもあって、ほぼドライブレコーダー機能は付いていないため、アフターならではの特徴と言っていい。

ALPINEが販売している後付けデジタルインナーミラー画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー