「ニューカー」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

60年超の歴史を誇る「軽自動車規格」 ボディサイズ&排気量の拡大を迫られた理由とは

ボディサイズ14%増し、排気量はなんと8割増 国民の誰もが手にできる車両、という思惑で通産省(現経産省)が提唱した「国民車構想」だった。しかし、これとは別により現実的な枠組で考え出されたのが日本独自の車両規格、「軽自動車...

続きを読む...

プロの愛犬家に聞く! わんことの旅行に最適なクルマの条件とオススメ車種

犬種によって合わせることも大切 愛犬家、犬の飼い主にとって、クルマはなくてはならない移動手段。なにしろ、犬は基本的に公共交通機関に乗車できない。できたとしても、かなり気を使う乗車になるはず。ゆえに、ドライブ旅行はもちろ…

続きを読む...

【ディーゼル車にブーム到来】メリットとオススメの国産車&輸入車を探ってみた

ディーゼル車のメリット活用に時代的な注目 かつては石原慎太郎元都知事にペットボトルに入れた煤(すす)を見せられて批判されたり、ちょっと前にもVWの排気ガス規制不正といったバッシングもあった「ディーゼル車」。しかし、いまや.…

続きを読む...

ホンダ「シビック」と「エヴァンゲリオン」がコラボ! 謎のカウントダウンが意味するもの

特設サイトでコラボコンテンツを順次公開 2020年1月、セダンとハッチバックをマイナーチェンジしたホンダのシビック。そのシビックハッチバック(以下、シビック)が、6月27日(土)に新作が公開されるアニメ「エヴァンゲリオン...

続きを読む...

自動車業界に与える新型コロナウイルスの影響、深刻化する生産体制はどうなる?

市場への流通が滞る可能性は低くない 世界中に影響を与えている新型コロナウイルス。2000年代に入ってから社会に大きく影響を与えた新しいコロナウイルスで、代表的なものといえばSARSやMERSだが、特性の違いにより、それら...

続きを読む...

ホンダ「ハンターカブ」が復活へ! アクティブに使える新たな名作は大ヒットの予感

最上級に楽しめるスーパーカブがやってくる スーパーカブのシリーズの中でも、オフロードテイストを持ったレジャー用途のスーパーカブである「ハンターカブ」が復活する。すでに昨年の東京モーターショー2019でコンセプトモデル「C...

続きを読む...

1 / 51123...102030...»