「ブレーキまわり>スポーツ」の記事一覧

「ブレーキまわり」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

自動車カスタムのお手本はレースにも! GTマシンから何を学ぶ? 注意すべきポイントは?

保安基準に適合したパーツ選びは必須 オーバーフェンダーやGTウイングといったエアロパーツ、さらにブレーキ系やインテリアなどなど、レースから生まれたクルマのカスタマイズは意外に多い。その代表的なアイテムを車検や安全面の話も.…

続きを読む...

高性能車に採用されているブレーキローターの「穴」や「溝」のメリットとは?

走りによって受ける大きな恩恵 高性能スポーツカーや社外品で見かける、穴が開いていたり溝が切られている「ブレーキローター」。ディスクブレーキの場合、このブレーキローターをブレーキパッドで挟み込み、その摩擦によって運動エネ…

続きを読む...

市街地からモータースポーツまで対応!ブレンボ製ブレーキシステムに新型キット登場

幅広い車種へ性能重視のGTS Kit ブレンボジャパンは、『ブレンボ Gran Turismo Brake System』にGTS Kitのラインアップを追加し、発売を開始させた。 鋳造モノブロック構造となるキャリパーは...

続きを読む...

ホイール汚れの原因「頑固なブレーキダスト」の除去方法と予防策

鉄粉を放っておくのは危険行為 クルマ好きならば気になるのがホイールの汚れ。いくらボディをキレイにしてもホイールが汚いと全体のイメージは美しいと言えない。今回はキレイに保つ方法だけでなく、汚れの原因となる「ダスト」そのも…

続きを読む...

サーキット走行における「上手なブレーキング術とは?」

ブレーキングは目的に応じて3つに別れるサーキットでスポーツ走行を行う上で最も重要なポイントとなるのがブレーキング。ドライビングテクニックの差はこのブレーキの使い方が特に大きく影響する。そこで、今回はこのブレーキングにつ…

続きを読む...

ブレーキパッド&ローターの「使い切り」は危険!交換時期の正しい目安とは

ブレーキパッドの残量が半分以下になると摩耗スピードは二次曲線的に早くなるブレーキパッドやブレーキローターは、新品時の半分以下まで摩耗すると制動時の熱がブレーキキャリパーやブレーキフルードなどに伝わりやすくなり、ベーパー…

続きを読む...

価格も納得! 本格派の性能を与えた「チューニングメーカー」発の鍛造ブレーキシステム

効きよし、見た目よし、コスパよし。車種別設計&ボルトオンで198,000円スポーツ走行を楽しむユーザーや、大口径ホイールを履くドレスアップオーナーにオススメしたいのがブレーキ強化。しかし、ブレーキキャリパーやローターをキ...

続きを読む...

1 / 41234