「パーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

外した純正シートはどうする? 処分しない時の有効活用術とは

家庭やオフィスで二次利用に使ってみる スポーツカーのシートとはいえ、純正はやはり街乗り優先。スポーツ走行を主目的とするならば、ホールド性を追求した社外品(バケットシート)に交換したい。そこで頭を悩ませるのが外した純正シ…

続きを読む...

似て非なる両車!チューニングカーとカスタムカーの違いとは

走行性能 or ルックスの向上だけなのか 走りを突き詰めたクルマは「チューニングカー」で、見た目を重視してイジったクルマは「カスタムカー」。なんとなくだけど、それぞれの言葉から感じるイメージは、多くのクルマ好きがこう認識...

続きを読む...

危険運転・あおり運転に対処! 既存のバックカメラが使えるドライブレコーダーが発売

ムダを抑えつつ前後録画が同時にできる「セルスター工業」は、既存のバックカメラを使って前後録画を可能としたドライブレコーダー『CS-31F』を発売する。CS-31Fは、“バックカメラの映像を録画できるタイプも作って欲しい”...

続きを読む...

エンジン始動は神頼み! 昭和のクルマが装着するキャブレターとは

エンジンをかけるにはチョークがキモだった 1980年代までの昭和の時代、自動車とオートバイに積まれているエンジンの燃料供給は、キャブレターが主流だった。エンジンは、ガソリンと空気を混ぜて燃焼させる構造。ガソリンは液状のま...

続きを読む...

クルマの修理だけじゃない! ドラレコやメーターの表示情報が広がる「OBD2」とは

役立つ情報を表示するアイテムが増加中 愛車の調子がおかしいとディーラーに持ち込めば、昔はメカニックが経験を元に原因を判断。しかし現在では「OBD2」と呼ばれる自己診断機能を使うのが一般的だ。また、クルマのあらゆる情報を読...

続きを読む...

空気抵抗が増えるのになぜ? スポーツカーのボンネットに穴が空いているワケ

ハイパワー車では冷却性能を確保する スポーツカーでは、ボンネット(フロントフード、エンジンフ―ド)に穴(ダクト)が設けられている印象が強い。現行モデルでいえば、スバルWRX STIは大きなインテークが設けられているのがア...

続きを読む...

DIYで装着できる「SUBARU車」にオススメの実用的LEDアイテム5選

個性を手軽に主張できるヒカリモノ LEDを使ったSUBARU車の「ヒカリ(光)モノ」カスタムは、テールランプをはじめとしたエクステリアを彩るものから、インテリアのイルミネーション系までじつに多彩。それぞれの組み合わせが、...

続きを読む...

ハイエース&キャラバンでアウトドアを楽しむ! いま注目の箱車カスタマイズ6選

車高アップで海や山でアクティブに!“遊び”がテーマだった大阪オートメッセ2019のトヨタ・ハイエース&日産・キャラバンゾーン。各メーカーが取り組んできたスタイリングは、アウトドアはもちろん、街中で...

続きを読む...

1 / 140123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  4. 中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

    クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく 一石を投じた「ロッキーオー...

  5. 46万kmスカイラインGT-R「特殊ヒューズ」で電通快適化【BNR32不定期連載8】

    高性能なヒューズに換装するだけで コンピュータの信号レスポンスがアップ...

  6. トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

    大幅に大型化したセミボンネットボディを採用  トヨタは、2月18日に、...

  7. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. ハイスペック故にリッター10km以下! 乗って楽しい「悪燃費な国産車」5選

    乗ると踏みたくなる名機の持ち主たち  ここのところハイブリッド車が一般...

  10. 懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

    往年の名作が復活ラッシュ!! いまのクルマに履くべき"古き良き"5本 ...