「パーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

「LINE」がカーナビアプリに参入、音声操作を可能としたトヨタの高品質ナビを搭載

最新の地図データも無料更新 LINEは、「Clova」で培った⾼精度の⽇本語⾳声認識、⾳声合成技術を活⽤した⾳声インターフェースと、豊富な⾛⾏データをもとにトヨタのハイブリッドナビエンジンを連携させた、AIのカーナビアプ...

続きを読む...

400車種以上に装着可能!パナソニック大画面カーナビ新型「ストラーダ」がモニターを10インチに拡大

逆走警告機能を搭載して安全運転を支援 パナソニックは、SDカーナビ新型「ストラーダ」を3機種を発表し、11月上旬より発売する。10型へサイズアップした「DYNABIGスイングディスプレイ」を搭載したモデルが2機種、9型モ...

続きを読む...

新型レクサスRX登場!モデリスタが早くもプレミアム感溢れるエアロパーツを発表

優雅で力強いスタイルへグレードアップ「トヨタカスタマイジング&ディベロップメント」は、マイナーチェンジを実施した新型レクサスRXの発売に合わせ『F SPORT PARTS(MODELLSITA)』と銘打ったモデリスタブラ...

続きを読む...

素晴らしきオタク文化! 日本が誇る自動車カルチャー「痛車」がブーム再燃なワケ

クルマというキャンバスに個性を込める アニメやゲームなどのキャラクターイラストをボディに貼ったクルマを「痛車(いたしゃ)」と呼ぶ。この痛車がいつ頃から始まったというのには諸説あるが、存在が目立ってきたのは2000年代前半...

続きを読む...

クルマを大胆イメチェン! 「塗装」と「ラッピング」それぞれのメリット&デメリットを知る

独創性とボディ保護が目的ならばラッピング 旧車のレストアだけでなく、愛車のイメージを激変させるカスタマイズとして、昔から高い人気を誇る「全塗装(オールペン)」。しかし、近年では印刷技術や素材の進化により、「ラッピング」…

続きを読む...

タテにも回転できる! スマホ感覚でサクサク動くフルセグカーナビゲション

16GBデータ搭載の8V型高精細フルセグナビ いよいよお盆シーズン突入。実家への帰省やフェスなどのイベント、旅行を予定している人にとって、カーナビゲーションは心強い味方だ。今回、自動車用品の企画・製造・販売を手がける「セ...

続きを読む...

試聴可能車両150台集結! スピーカーの聴き比べイベント「リスニングキャンプ10」実施

SonicPLUSデモカー試聴会で聴き比べ 高級カーオーディオの専門メーカー、ソニックデザインがユーザーとのコミュニケーションを図るためのミーティングイベントを開催する。 2013年6月に始まり、今回で通算12回目を迎え...

続きを読む...

1 / 146123...102030...»