「パーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

電気自動車「リーフ」もリフトアップするとワイルドに!新感覚なアゲレシピ♪♪

足元は手軽のスプリングでちょいアゲし、オリジナルのテッチンでキメる電気自動車だから、エコカーだから、大人しく街乗り仕様で。そんな枠にとらわれていたら、楽しいクルマには出会えない。例えば「ESB」が手がけた日産リーフ。今後...

続きを読む...

オートバックスのカーナビがタブレット感覚で使いやすいらしい

タテヨコ自在に回転できるフローティング式は2DIN規格で10インチ大画面を持つ実力派大画面ナビに変わって、いまトレンドなのがフローティング型カーナビ。モニター部が浮いているような形態となるため、構造上装着が難しかった車種...

続きを読む...

BMW「第1世代iDrive」モデル用の高精細モニターはタッチパネル搭載

純正モニターからトレードインで装着可能パナソニック製ナビゲーションを接続できるBMWのエレクトロニクス系パーツをリリースする「a/tack(エイタック)」は、E60型5シリーズ、E90型3シリーズなどに搭載された第1世代...

続きを読む...

仏具メーカーが作った「オシャレな輪止め」がグッドデザイン賞を受賞

凛とした佇まいを魅せる「カーストッパー」高強度&排水性など輪止めとしての性能を確保富山県の仏具製造メーカー「高田製作所」が製作した駐車場の輪止め『ALDECOR(アルデコール)カーストッパーFLUUT(フルート)』が20...

続きを読む...

冬場の必需品!! 「エンジンスターター」で極寒の車内を快適温度に暖められる

スペアキーの車内設置が不要な純正スマートキー対応モデルに注目!エンジンスターターと言えば、遠く離れた場所からでもクルマのエンジンを始動できるアイテム。例えば、自宅や職場から出かける際に前もってエンジンをかけておくことが…

続きを読む...

警察も注目!高級バイク盗難防止技術を採用した最強のハンドルロック

ハンドルを回せない、外せないだけなくキーシリンダーも守る鉄壁の防犯対策ハイエースをはじめ、商用車など、人気モデルの盗難はあとを立たない。そこで、オートバイ用品の一流ブランドである「KITAKO(キタコ)」が、頑丈で簡単に...

続きを読む...

ガンコなブレーキダストを除去できる輸入車に最適なホイールクリーナー

バツグンの洗浄力でダストやタールを溶解目的別洗浄剤とコーティング剤を設定する輸入車や国産スポーツカーなど、高いブレーキ性能を持つクルマのホイールはダストで汚れやすい。そのダストの原因は、ブレーキパッドによって削られたロ…

続きを読む...

脱定番カスタム!! プリウスの車高を上げてワイルドなオフロードスタイルに

プリウス・カスタムの名門が描く、“違和感こそが真の醍醐味”トヨタ・30/50系プリウスの各種パーツを手がける「スペジール」が発表した新シリーズ、『On/Off』。本来ならば同店はローダウンがカスタ...

続きを読む...

1 / 135123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  3. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  4. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  5. 広大な空間だからこそできる「ハイエースの内装活用テクニック」

    「ハイエーススタイルミーティング」で見た ユーザーカーのインテリアメイ...

  6. この1台で遊びが100倍楽しくなる!! アゲ系ハイエース『ニーズボックスWGT』の正体

    10人乗れて荷物も運べる新ジャンル 見た目もオシャレなトランポワゴンが...

  7. MAZDA RX-7 SA22C「ロータリー・エンジンを世に知らしめた初代モデル」

    サバンナの派生モデルを始祖に、 世界に冠たるスポーツカーに昇華したRX...

  8. 名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

    派生モデルの誕生でラインアップも充実、 「最善か無か」の哲学で生まれた...

  9. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...