「インテリアパーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

ドライブ中のエアコン「内気循環と外気導入」どちらにすべき?

JAFが車内の空気環境を調査 冷房や暖房、除湿、曇り止めなど、年中を通して使用する自動車のエアコン。いまのクルマはAUTO(オート)にしておくだけで、四季を通じて車内を常に快適な状態に保つのだが、読者のなかには「内気循環...

続きを読む...

視点移動を減らし安全運転を支援!後付けできるヘッドアップディスプレイ登場

OBDやシガーソケットに接続するだけ 交通事故のニュースで良く取り上げられるのが「前方をよく見ていなかった」ということ。意外に運転中は、ミラーを見たりメーターを見たりと視点移動が多い。そのような事故を軽減する、後付けタイ...

続きを読む...

クルマ好きなら誰もが変えた! ステアリング交換の今と昔の違い

名だたる欧州ブランドの存在 1990年代までの自動車カスタムで、初めの一歩といえるのがステアリング交換。スポーツカーもセダンもRVも軽自動車も、こぞって社外品を愛用する時代だった。そこで、一斉を風靡した人気メーカーやモデ...

続きを読む...

外した純正シートはどうする? 処分しない時の有効活用術とは

家庭やオフィスで二次利用に使ってみる スポーツカーのシートとはいえ、純正はやはり街乗り優先。スポーツ走行を主目的とするならば、ホールド性を追求した社外品(バケットシート)に交換したい。そこで頭を悩ませるのが外した純正シ…

続きを読む...

クルマの修理だけじゃない! ドラレコやメーターの表示情報が広がる「OBD2」とは

役立つ情報を表示するアイテムが増加中 愛車の調子がおかしいとディーラーに持ち込めば、昔はメカニックが経験を元に原因を判断。しかし現在では「OBD2」と呼ばれる自己診断機能を使うのが一般的だ。また、クルマのあらゆる情報を読...

続きを読む...

ハイエース&キャラバンでアウトドアを楽しむ! いま注目の箱車カスタマイズ6選

車高アップで海や山でアクティブに!“遊び”がテーマだった大阪オートメッセ2019のトヨタ・ハイエース&日産・キャラバンゾーン。各メーカーが取り組んできたスタイリングは、アウトドアはもちろん、街中で...

続きを読む...

悪路もガンガン行ける!オフロードテイストを高めたジムニードレスアップ10選

大阪オートメッセ2019の注目デモカーに接近!ライトなリフトアップがトレンドに?「大阪オートメッセ2019」では、スズキ新型ジムニー(以下:JB64W )&ジムニーシエラ(同:JB74W)のカスタマイズデモカーが多く展示...

続きを読む...

新型ジムニー&シエラを輸入SUVルックなどにカスタマイズ!注目ドレスアップ10選

エアロパーツも続々!!  インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」には、数多くのカスタマイズ車両が展示されていた。なかでも最も勢いを感じさせる車種といえば、スズキ新型ジムニー&ジムニー シエラ(以下:JB...

続きを読む...

1 / 39123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...