『WAGONIST』

国内生産にこだわるエアサスはどうやってできる? 工場見学「ボルドワールド編」

自社開発、ジャパン・メイドを徹底する開発思想や組み立てについて大公開「ボルドワールド」がエアサスメーカーとしてスタートしたのは平成7年。当時、スイッチ操作で車高が上下するエアサスはデモカー向けであり、一般ユーザーが気軽に…

続きを読む...

【工場見学】創業1931年「FUJITSUBO」の安全&安心を込めたモノ作り・スポーツマフラー編

業界の健全化にも尽力し続ける、創業87年の歴史とこだわりの工程を追うメイド・イン・ニッポンのモノ作りに迫る好評企画第9弾は、マフラー文化の発展に多大な貢献を続ける「FUJITSUBO(フジツボ)」。いまさら聞けない過去、...

続きを読む...

【工場見学】「カーボン製」のエアロパーツってどうやってできるの?

きめ細かいマテリアルを再現するCFRPエアロができるまで「カーボン(CFRP)製のエアロパーツ」といえば、さまざまなクルマやスタイルにマッチし、無骨なマテリアルでレーシーなルックスをもたらす。このCFRPとは、̶...

続きを読む...

【工場見学】強靭さの秘密はココにあり! 「鍛造ホイール」の製品開発から完成まで

最先端を走る鍛造の総合ブランド「TWS」、その技術力と手間がかかる開発現場へレースの世界やスポーツモデルなどのアルミホイールで、耳にする言葉として鍛造がある。 鍛造とは、高い圧力によってアルミ素材を変形させる高度な技法。...

続きを読む...

「割れる・曲がる」粗悪品! 安心&安全なアルミホイールの選び方とは

「JAWA」というホイールの基準を知らずして足元のカスタムを語ることはナンセンスクルマをカスタムするうえで欠かせない社外ホイールへの交換。デザインやカラーなどの見た目だけで選ぶヒトも多いのではないだろうか。しかしホイール...

続きを読む...

金ピカのGT-Rのボディは特殊メタル塗装と手彫りという職人技で作られる

アルティスの「メタル塗装×彫刻」製作現場を密着取材東京オートサロン2016で堂々のデビューを果たした、クールジャパン×アルティスのGT-R。ピカピカのゴールドボディは、特殊メタル塗装と手彫りという職人技によって作られてい...

続きを読む...

革新ユーロスポーティを目指す日産ティーダ

オーナー自身の、チームの「集大成」北海道・札幌拠点のチーム「レ・ヴィジョン」のメンバー、宇生未来サンの乗る日産ティーダ。メイキングコンセプトはユーロスポーツ。ただし、そこは常に「革新」を掲げることがモットーなチーム「レ・.…

続きを読む...

  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング