クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • デルタフォースの新作ホイール誕生! オーバーランダーの三菱「デリカD:5」によく似合う変則10本スポークは多彩な車種に展開予定
CUSTOM
share:

デルタフォースの新作ホイール誕生! オーバーランダーの三菱「デリカD:5」によく似合う変則10本スポークは多彩な車種に展開予定

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)

  • デルタフォースの新作ホイール「OVERLANDER」を装着した三菱デリカD:5
  • 2×5本スポークのデザインは大きく反り返った彫りの深さも魅力
  • こちらは従来ラインアップのOVALホイール
  • OVERLANDERは、まずデリカD:5用の16インチから展開をスタート。今後17インチや他車種用などを順次ラインアップに追加していく予定
  • コラボレーションしたRhino-Rack製品を装着
  • 広いワンボックスのルーフのほとんどをカバーするルーフラックを装着
  • ルーフラックの上にルーフトップテントを搭載している
  • ルーフラックの上にルーフトップテントを搭載している
  • ルーフラックには270度展開することで車体側面を広く覆うバットウイングオーニングを装着
  • デルタフォースの新作ホイール「OVERLANDER」を装着した三菱デリカD:5

SUV界で人気を誇るデルタフォースが大阪オートメッセ2024に出展

2024年2月10~12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ(OAM)2024」には、過去最高660台ものカスタムカーが集結しました。そんな中、デルタフォースのブースでは新作のホイールをお披露目。早速デモカーの三菱「デリカD:5」に装着した姿でディスプレイされていました。

新作OVERLANDERは2×5の変則10本スポークデザイン

デルタフォースは、兵庫県に本拠を置くホイールブランドだ。じつはつい最近まで12本スポークデザインのOVALというホイールのみのラインアップだったのだが、たったひとつのデザインにもかかわらず、これほどのカリスマ性と人気を誇っているのは、多彩な車種別に最適なサイズやオフセットを考慮したサイズ展開をしているからだ。

そんなデルタフォースから満を持して新作デザインが投入されたのだ。ニューホイールの名前はOVERLANDER。2×5本スポークのデザインは大きく反り返った彫りの深さも魅力ながら、リムトップまで伸びるスポーク形状によって、実際よりもかなり大径に見え、主張の強いオフロード系タイヤと組み合わせても、デザインが負けることはない。リム外周にはOVAL同様のビードロックリング風の装飾がデザインのアクセントとなっている。

そしてこのOVERLANDERは、まずデリカD:5用の16インチから展開をスタート。サイズは16×7J+35で、PCD114.3-5H、ハブ径φ73mmというマイナーチェンジ後のD5専用設計となる。今後17インチや他車種用などを順次ラインアップに追加していく予定とのことだ。

デモカーのデリカD:5はルーフテント搭載のオーバーランド仕様

ちなみにデモカーとなったデリカD:5は、純正サイズよりもひと回り大きな235/70R16サイズのMONSTA MUD WARRIORタイヤを装着。また左側面には従来のOVALを装着して、左右で異なるデザインを履き分けることで、ニューデザインの装着イメージを従来モデルと比較できるようにディスプレイされていた。

そしてもうひとつ、今回のデモカーではコラボレーションしたRhino-Rack製品を装着して本格的なキャンプ仕様となっていた。まずは広いワンボックスのルーフのほとんどをカバーするルーフラックを装着しその上にルーフトップテントを搭載している。またルーフラックには270度展開することで車体側面を広く覆うバットウイングオーニングを装着。OAMの会場にキャンプサイトを作り出していたのである。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS