「三菱」の記事一覧

「三菱」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

復活した「三菱ラリーアート」が嬉しい総合優勝! 過酷な1500kmで戦った6日間の結果は?【AXCR2022】

日本人最上位はTakuma-gpの2台、3-4位入賞! 3年ぶりの開催となったアジアクロスカントリーラリー(AXCR)2022は、予定のスケジュールをこなし、そのステージをカンボジアに移しての最終日を迎えた。設定された最...

続きを読む...

三菱「トライトン」はじめ各車にトラブル発生! 最長の一日はミスコース多発で波乱の展開へ【AXCR2022】

ワークスチームのエースドライバーも脱落 前日のセレモニアルスタートを終えて、ついに正式に長距離のラリーがスタートするアジアクロスカントリーラリー(AXCR)2022。レグ1となる2022年11月22日(火)は、今回の6日...

続きを読む...

「4WDは曲がらない」は今や昔のハナシ。日産R32「GT-R」から「GRヤリス」に続く国産4WDスポーツの進化の歴史を解説します

ひと昔前は「重くて曲がらない」というイメージだった 4WDはトラクション性能こそ優れているものの、重いうえにアンダーステアが強く曲がりにくい。1980年代までの4WDはこう評価されることが多く、ステアリングを握る多くの人...

続きを読む...

新型「エクストレイル」「RAV4」「アウトランダー」でもっともアウトドドア向きSUVは? キメ手は「AC100V/1500W」コンセントでした

クルマから給電することができると楽しみの幅が広がる 新型エクストレイル(T33型)の登場で、ますます活気づいてきた国産ミッドサイズSUV市場。ここでは、アウトドア向きのSUVモデルを検証する。まずは、アウトドアシーンで気...

続きを読む...

三菱「デリカD:5」の成功は「デリカスペースギア」から始まった! 今みても新鮮なオフロード系ミニバンとは

ルーツは武骨な「デリカスターワゴン4WD」 三菱「デリカスペースギア」の源流は、1982年11月に登場した「デリカスターワゴン」の4WDモデルだ。小型車クラスの1BOX車としては日本初で、「ジープ」、「フォルテ4WD」、...

続きを読む...

「ランエボ」のエンジンを搭載した三菱謹製ミニバンがあった! 「オデッセイ」より10年以上時代を先取りしていた「シャリオ」とは?

90年代から日本を席捲したミニバンブーム 昔々……と言ってはいささか大袈裟だが、かつて日本にはミニバンのムーブメントがあった。筆者も交通タイムス社から発刊された『アクティブビークル』、『ミニバンフレックス』、『ワゴニスト...

続きを読む...

全日本ラリー初代チャンピオンの三菱「ミラージュ」とは? 8段のトランスミッションを搭載していました

ドライビングに“自由が利く”ことが大きな特徴を持っていた 今では圧倒的多数派となった前輪駆動車ですが、国内主要メーカーで初めて前輪駆動車を製作したのはスズキ(当時は鈴木自動車工業)で、1955年に発売した軽自動車のスズラ...

続きを読む...

三菱「アウトランダーPHEV」にポップアップルーフ! 大人4名が車中泊できる「E:ポップ」は533万3000円から

万能! アウトランダーPHEV 普段使いができて、流行のアウトドアも子どもと一緒に楽しみたい。そんなクルマ探しをしているオーナーにピッタリの1台として注目してもらいたいのが、西尾張三菱自動車販売が手がけた新型「アウトラン...

続きを読む...

    三菱「デリカD:5」に頼もしい息子「デリカミニ」が誕生! ホンダ「N-VAN」やスズキ「スペーシアギア」よりカッコいいスタイルに注目

    三菱自動車が来夏発売予定の「デリカミニ」を初披露 三菱自動車が、2023年初夏に投入を予定している軽自動車ベースの新型スーパーハイトワゴンのスペシャルサイト(ティザーサイト)を公開した。この新型車には「デリカミニ」のネー...

    続きを読む...

    性能では「レガシィツーリングワゴン」を凌駕した三菱「レグナム」! ガンダムを操るような感覚が時代にマッチ

    人間の意図の通りに動かす独特の感触があった レグナムは、三菱自動車工業の中核4ドアセダンであるギャランのステーションワゴン版だ。1996年に登場した当時、市場ではスバル・レガシィツーリングワゴンが絶頂期にあった。 レガシ...

    続きを読む...

    1 / 1812345...»