クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
CUSTOM
share:

1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭(SATO Kei)  PHOTO: 佐藤亮太(SATO Ryota)

  • デモカーのトヨタ「GR86」は京都西陣で織ったデザインのあるカーボンを使用
  • トヨタ「GR86」の灯火類はジュエルシリーズを装着することで幻想的な雰囲気を演出
  • トヨタ「GR86」はジュエルLEDシーケンシャルドアミラーウインカーを新設定
  • トヨタ「GR86」の灯火類はジュエルシリーズを装着することで幻想的な雰囲気を演出
  • トヨタ「GR86」はリバティーウォーク製ボディキットをまとう
  • 1号館にブースを出展したヴァレンティブースは鮮烈な輝きを放つデモカーで会場を彩った
  • ブースには光のチューニングが施されたランボルギーニ「アヴェンタドール」も登場した
  • ブースではオフィシャルショップ限定のレアなアイテムなどが販売された
  • トヨタ「ハイエース」の灯火類はジュエルシリーズを装着することで幻想的な雰囲気を演出
  • 新作ホイール「ヴァレード」はディッシュ調を基本としながら脱着が可能な6枚のブレードが備わる
  • トヨタ「ハイエース」は新作ホイール「ヴィゴラス」と新作タイヤ「フライングスター」を組み合わせる
  • ブースで華を添えた寺地みのりさんと、新作ホイール&タイヤを装着するトヨタ「ハイエース」

今まで以上に楽しみ方の幅が広がったトヨタ ハイエース

2024年2月10~12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ(OAM)2024」。1号館にブースを出展した「ヴァレンティ」は、代名詞ともいえるヘッドランプやテールランプ、それらを装着したデモカーで会場を彩りました。そのなかでも今回の注目は、ヴァレンティとして初の試みとなる、トヨタ「ハイエース 200系」用のホイールと商用バンとトラック用のタイヤです。詳細を見ていきます。

新作ホイールを紹介

まずは2アイテムが発表されたホイールから紹介しよう。ひとつめの「ヴィゴラス」は力強さとドレッシーさの両立というテーマどおり、無骨でタフなイメージを与えるセンター部分と、繊細かつ幾何学的なメッシュを組み合わせている。さらに意欲的なデザインを採用したのは2つ目の「ヴァレード」で、ディッシュ調を基本としながら脱着が可能な6枚のブレードを備え、1本のホイールで2つの異なる表情が楽しめる贅沢なモデルだ。

オプションとしてカーボン製ブレードの発売も予定しており、ハイエース乗りは正式リリースの時期も気になるところだ。サイズは両モデルともハイエース200系にピッタリの6.5J×17+38、ブースではデモカーの左右にそれぞれのホイールを装着して展示していた。

一石三鳥にもなる魅力満載のタイヤ

そしてタイヤはヴァレンティが商用バンとトラック用に開発した、ホワイトレターをまとう「フライングスター」を組み合わせている。路面コンディションを問わず安心して走行できるグリップ性能や高速クルージング時の安定性、またドレスアップに大きく貢献するオシャレなトレッドパターンとサイドウォールのデザイン、そして偏摩耗を抑制して経済的と一石二鳥どころか一石三鳥にもなる魅力たっぷりのタイヤだ。サイズ設定は215/60-17となる。

ハイエースとトヨタ「GR86」のデモカーは京都の伝統工芸として知られる西陣織もコンセプトに盛り込み、複雑で精巧な織り目が生み出す美しさに国内外から訪れたギャラリーも思わず息を呑む。そこにヴァレンティのお家芸である「ジュエル」シリーズの灯火類が加わることで、カスタムカーの枠を超越したアートと呼ぶに相応しい作品に仕上がっている。

オリジナルのタイヤ&ホイールがラインアップされ、今まで以上に楽しみ方の幅が広がったハイエース。ウェブサイトには3Dシミュレーターも用意されているので、ボディカラーなどを選び装着イメージをチェックしてみよう。

すべて表示
  • 佐藤 圭(SATO Kei)
  • 佐藤 圭(SATO Kei)
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS