クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 世界初! カーボンを西陣織で織った「リバティーウォーク」ボディキットをまとった「GR86」誕生! 「ヴァレンティ」が「和」にこだわる理由とは
CUSTOM
share:

世界初! カーボンを西陣織で織った「リバティーウォーク」ボディキットをまとった「GR86」誕生! 「ヴァレンティ」が「和」にこだわる理由とは

投稿日:

TEXT: 藤田竜太  PHOTO: AMW編集部

  • 東京オートサロン2023に出展した「VALENTI×LIBERTY WALK西陣GR86」

東京オートサロン2023でヴァレンティが公開した輝く「GR86」&「86」

 千葉県・幕張メッセで2023年1月13日~15日まで開催された「東京オートサロン2023」。LED製品のパイオニア、ヴァレンティ(VALENTI)は「和」をコンセプトにしたブースを展開した。

世界初!? 西陣織仕様のLBボディキットを装着

 もっとも目立つところにレイアウトされたトヨタ「GR86」(ZN8)は、京都西陣で織ったデザインを採用したカーボンを使用したリバティーウォーク製ボディキットを装着。ボディ全体はValenti REDと呼ばれるオリジナルカラーでペイントされ、ヴァレンティのジュエルLEDドアミラーウインカー、ジュエルLEDテールランプULTRA、ジュエルLEDバックフォグランプ等をフル装備していた。

 GR86については、今回の東京オートサロンで、新作のキーレス操作でのモーション点灯(OEA)やシーケンシャルウインカーを搭載したコンセプトテールランプを発表(ウインカーのシーケンシャルはキャンセルも可能)。

 ヴァレンティ広報の西脇氏はこう語ってくれた。

「今回は“和”をテーマにしたブースづくりを行っているので、デモカーのヴァレンティコンセプトのGR86(ZN8)は西陣織デザインのボディキットをチョイスしました。86(ZN6)もコンセプト的には同じですが、こちらのGR86は西陣織のカーボンもちょっと色を変えて、赤のラメを入れた感じのフェンダーにして、リアウイングも柄を少し変えてあります。

 そしてシートもブリッドさんとのコラボで生まれた、BRIDE×Valenti×NISHIJINにいたしました。これはリサイクルペットボトル繊維から職人の伝統技で織り上げた西陣織の新素材Reperic(リペリック)を使ったSDGsコンセプトのシートです。

 ボディキットもリバティーウォークさんの製品ですが、西陣織仕様は当社のオリジナルで、世界初の試みでしょう。

 ここまで西陣織にこだわったのは、ヴァレンティも日本から発信している製品なので、日本の伝統工芸品と組み合わせることで、世界に向けて存在感を高めていきたいと考え、こうしたクルマを作ってきました」

存在感も安全性もアップする光のチューニング

 もう1台のトヨタ86(ZN6)も同じく京都西陣で織ったデザインのあるカーボンを使用し、リバティーウォーク製ボディキット+ヴァレンティのジュエルヘッドランプ、ジュエルLEDバイカラーフォグ、ジュエルLEDドアミラーウインカー、ジュエルLEDテールランプULTRA、ジュエルLEDバックフォグランプ等という組み合わせ。

 また東京オートサロン2023でお披露目されたジュエルLEDテールランプの80ハリアー用アッパー/ロアテールは、会場内のヴァレンティブースにて先行予約を受け付けていた。

 こうしたLEDのテールランプなどは、今やドレスアップには欠かせない製品になってきているので、会場では実車を見ながら、じっくりその輝きをチェックしている来場者が多く見られた。

すべて表示
  • 藤田竜太
  • 藤田竜太
  • モータリング ライター。現在の愛車:日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)。物心が付いたときからクルマ好き。小・中学生時代はラジコンに夢中になり、大学3年生から自動車専門誌の編集部に出入りして、そのまま編集部に就職。20代半ばで、編集部を“卒業”し、モータリング ライターとして独立。90年代は積極的にレースに参戦し、入賞経験多数。特技は、少林寺拳法。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS