クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • フェラーリ「F40」を「暴走族スタイル」に! リバティーウォーク加藤代表がビス止めオバフェンにこだわる理由とは【東京オートサロン2023】
CUSTOM
share:

フェラーリ「F40」を「暴走族スタイル」に! リバティーウォーク加藤代表がビス止めオバフェンにこだわる理由とは【東京オートサロン2023】

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏

世界に通用する「暴走族スタイル」

 2023年も期待を裏切ることなく話題のカスタムカーが勢ぞろいした「東京オートサロン」。その中でもひときわ注目を集めたブランドが、自動車カスタム界においてつねに我々を驚かし話題を振りまく「リバティーウォーク」であった。

 日本を代表する改造マニアのひとりであるリバティーウォーク会長加藤渉氏。その名は今や国内だけでなく海外でも有名で、やることなすことが悪ノリだらけで、その大胆な発想で作られるマシンはクールでカッコ良いカスタム、改造であると誰もが認めるところだ。

だれもが手を出さなかった「F40」がベース

 そんなリバティーウォークブースでは今回、10台以上ものド派手なスーパーカスタムカーが展示されていた。その中でも一番話題なったマシンといえば間違いなく推定3億円オーバーとも言われているフェラーリ「F40」をベースにリバティーウォーク流に仕上げた「LB-WORKSフェラーリF40」だ。

 リバティーウォーク会長加藤渉氏は我々の過去の取材に次のように語ってくれたことがある。

「僕が主張するカッコよさの原点は70年代、80年代の族車の改造スタイルにあるんです。そのスタイルをなぜスーパーカーに置き換えたかといえば、そこにはカッコよさの追及という大きなテーマがある一方で、じつは現在の若者たちに向けて、自分と同じようにカッコ良さの基準を作ってもらいたいという想いを込めています。現在の若者たちに、ハコスカだ、ケンメリだとか言っても伝わりにくいですよね。そもそも世代が違って、そのクルマさえも知らないから無理もないです。

 ならば、若者たちもよく知っているスーパーカーならどうだろう。そんなひらめきから、スーパーカーにビス止めのワークスフェンダーを付けてカッコ良く仕上げるカスタムカーを作る決意をしました。もちろん、自分が大好きなスーパーカー、そして、改造の原点である族文化、これをうまくマッチさせたいという思いも強くあります。でも、この世界観を通してクルマ好き──さらにはカスタム好きになってもらえたらいい。そのことを伝えるためにカスタム好きが思い付いた自分流の表現方法でした」

 今ではすっかり世界に浸透している「BOUSOU-ZOKU-STYLE」は、そんな想いから自らの理想のクルマを求めてカスタムカーとして製作している。そして、このスタイルは、リバティーウォーク加藤会長のカッコ良さの基準であると同時にビス止めオーバーフェンダーという改造スタイルのカッコ良さを、今の若者たちに伝えたいというメッセージも込められているわけだ。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS