クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

LEVORG(レヴォーグ) 記事一覧

なんちゃってセレブがスバル「レヴォーグ レイバック」で長野セレブ旅! 「ワインディングでハンドリング性能やAWD性能を満喫したわよ」

カーライフエッセイスト吉田由美さんの「なんちゃってセレブなカーライフR」。今回は、スバル「レヴォーグ レイバック」に乗って星野リゾートの高級温泉旅館「界 松本」へ。宿の素敵なおもてなしと新世代アイサイトを搭載したレヴォーグ レイバックでセレブな旅を満喫しました。
アイサイト体験中

スバル最新「アイサイト」の追突事故発生率は0.06%! 実際にプリクラッシュブレーキを「OAM2024」で体感してきました

関西最大級のカスタマイズカーショーである大阪オートメッセ2024。スバルはブース出展のほか、先進運転支援システム「アイサイト」の試乗体験ができるコーナーも設けています。筆者もレヴォーグ レイバックに乗って、最新の安全技術を体感してみました。

宇宙をイメージしたグリルに注目! スバル「レヴォーグ レイバック STI performance」のオプションを解説します

スバルは2024年1月12日(金)から14日(日)まで幕張メッセで開催された「東京オートサロン2024」にて、2023年11月に登場したレヴォーグの派生モデルの新型SUV「レヴォーグ・レイバック」のカスタマイズモデル『レヴォーグ レイバック STI performance』を展示。詳細をお届けします。

走り好きパパにオススメ! 家族も納得する「羊の皮を着た狼」的なスポーツモデルを5車種お教えします

一家に1台のクルマ所有で、家族も大きな子供もいるとなると、まっさきにスポーツカーという選択がなくなります。走りも家族も満足する欲張りなクルマはないか……思いがちかもしれませんが、実は、スポーティな走りと後席を含めた実用性の両方を満たしてくれるクルマがあります。

スバル「レヴォーグ」&「WRX」に人気のモーション点灯をプラス!「ヴァレンティ」の「ジュエルLEDテールランプULTRA」が新登場〈PR〉

欧州車などのテールランプにも搭載され始めたことで、注目度が高まりつつあるのがテールランプのオープニングアクション&エンディングアクション機能。ドアの施錠&解錠に連動して、光が踊るこの機能を再現した「ジュエルLEDテールランプULTRA」がヴァレンティから新登場しました。

500台限定! 開発者に聞いたスバル「レヴォーグ STI Sport#」のこだわった乗り味とは? 車両価格は576万4000円【東京オートサロン2023】

SUBARU AWD車誕生50周年特別記念車である「レヴォーグSTI sport #」が、2023年1月13日(金)から開催されている東京オートサロン2023にて発表されました。500台限定ですが、あっという間に完売することが予想されます。専用装備を紹介します。
レヴォーグのモデルカー2台

素のスバル「レヴォーグ」を京商サムライが本気で作った! 1/18だから再現できるスバリスト納得の「レヴォーグ GT-H EX」とは

京商のモデルカーシリーズのなかで、1/18スケールのビッグサイズでファンを魅了するのが「SAMURAI」シリーズです。人気の国産車のみをラインアップしており、その最新作として発売されたのがスバル・レヴォーグ GT-H-EXです。
GDB型インプレッサWRX STI

「A型は買ってはいけないは嘘!?」スバリスト間で通じる「アプライド」という記号が教える本当の意味をお教えします

スバルは古くから年次改良が行われており、マニアックなスバリストの多くは年式じゃなくA〜Fなどのアルファベットで記されたアプライドモデル(適応車種記号)で語ることが定番化しています。そんなスバリストあるあるなアプライドモデルに纏わるエピソードを紹介しましょう。


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS