クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 500台限定! 開発者に聞いたスバル「レヴォーグ STI Sport#」のこだわった乗り味とは? 車両価格は576万4000円【東京オートサロン2023】
CAR
share:

500台限定! 開発者に聞いたスバル「レヴォーグ STI Sport#」のこだわった乗り味とは? 車両価格は576万4000円【東京オートサロン2023】

投稿日:

TEXT: 今泉 史  PHOTO: AMW編集部

  • SUBARU レヴォーグSTI sport#のインテリア

期間内に限定台数へ達した時点で受注終了!

 SUBARU AWD車誕生50周年特別記念車である「レヴォーグSTI sport#」が、2023年1月13日(金)から開催されている東京オートサロン2023にて発表されました。

 今回のレヴォーグSTI sport#は、開発副本部長の高津益夫氏が「クルマから降りた後も思わず振り返ってしまう、そんなクルマを作ることができたと自負している」と語るほどの自信作です。開発については次のようにコメントしました。

「量産のSTI sportグレードをベースに、量産車では織り込めない特別な装備を追加し仕上げています。STIのモータースポーツで培った知見と技術を使って、その走りの性能を特別装備を使いながら引き上げたパフォーマンスツアラーです。もともと持っている性能をさらに高めることで、お客さまとそのクルマとの時間をより充実したものにできるようなクルマを作るというところに取り組んできました」

専用パーツが多数装着

 装着されたパーツは、レヴォーグSTI sport#のために専用開発された「STI製フレキシブルドロータワーバーフロント」、「STI製フレキシブルドロースティフナーフロント」「STI製フレキシブルドロースティフナーリア」「スバルパフォーマンストランスミッションオイルクーラー&専用トランスミッションコントロールユニット」「専用制振材(スペアタイヤパン・リアカーゴスペース)」があります。

 フレキシブルドロータワーバーは、従来のフレキシブルタワーバーにドロー機構を追加したものです。ドロー機構とは、左右ストラットタワー間にあらかじめ引き締めテンションを掛けておける、ドロースプリングの入った機構のことを言います。

 これによりフレキシブル構造はそのままに、プリロード(予めスプリングに負荷をかけておく状態)によって車体構造が最初から少し踏ん張るような状態になるため、タイヤからの力の伝わり方に遅れが出にくくなり、より小さなアクセル入力領域からタワーバーの効果を引き出すことができます。

 また、ボンネット内下部のフレキシブルドロースティフナーは、ハンドル切り始めの微小舵角時にいかに素早くクルマを反応させるかという点にこだわったパーツです。リアのフレキシブルドロースティフナーも同様で、リアフレームにプリロードをかけて車体構造をスタンバイ状態にしておくことで、速い応答性を得られるようにするもの。今回の特別記念車では、クルマへの伝達遅れを解消するプリロードをかけるパーツの装着をメインにしていました。

 オイルクーラーについては、現在のCVTでもスポーツ走行に対して十分なキャパシティを得られていますが、やはりSTIコンプリートカーということで、専用オイルクーラーを装着することで油温を安定させ、エンジンの出力を最大限引き出す効果を狙っているとのことです。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS