クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

LEVORG(レヴォーグ)

500台限定! 開発者に聞いたスバル「レヴォーグ STI Sport#」のこだわった乗り味とは? 車両価格は576万4000円【東京オートサロン2023】

SUBARU AWD車誕生50周年特別記念車である「レヴォーグSTI sport #」が、2023年1月13日(金)から開催されている東京オートサロン2023にて発表されました。500台限定ですが、あっという間に完売することが予想されます。専用装備を紹介します。
レヴォーグのモデルカー2台

素のスバル「レヴォーグ」を京商サムライが本気で作った! 1/18だから再現できるスバリスト納得の「レヴォーグ GT-H EX」とは

京商のモデルカーシリーズのなかで、1/18スケールのビッグサイズでファンを魅了するのが「SAMURAI」シリーズです。人気の国産車のみをラインアップしており、その最新作として発売されたのがスバル・レヴォーグ GT-H-EXです。
GDB型インプレッサWRX STI

「A型は買ってはいけないは嘘!?」スバリスト間で通じる「アプライド」という記号が教える本当の意味をお教えします

スバルは古くから年次改良が行われており、マニアックなスバリストの多くは年式じゃなくA〜Fなどのアルファベットで記されたアプライドモデル(適応車種記号)で語ることが定番化しています。そんなスバリストあるあるなアプライドモデルに纏わるエピソードを紹介しましょう。
GRスープラの走行シーン

「GRスープラお前もか!?」 オーナーが怒る「後出しジャンケン」で別物になったマイチェンモデルとは

GRスープラは、当初MTモデルの発売はないとされていましたが、2022年7月の改良で6速MTモデルを追加。泣くなく8速AT車を購入したオーナーは裏切られた感が募ったはずです。そんな大幅改良で魅力度を高めた前期モデルオーナー泣かせの後出しジャンケンモデルを紹介します。
レヴォーグSTI Sport Rのフロントマスク

喩えるならWRXツーリングワゴン! スバリストも絶賛する「R」の名を冠したSTI入魂の最強レヴォーグのスゴさとは

2代目レヴォーグに追加設定されたSTI Sport R。WRX S4に搭載の2.4L直噴ターボを新たに搭載し、トランスミッションにはダイレクト感のある変速を可能にするスバルパフォーマンストランスミッションを採用。大人のツアラーとして圧巻のパフォーマンスを発揮させる。
SAMCOホースキットに人気国産モデル用が新登場

GR86/BRZや現行レヴォーグのエンジンルームに安心感と色彩をプラス! 「SAMCOホースキット」に新車種用を追加

トップラインプロダクトは同社が販売する「SAMCO(サムコ)」ホースキットに、最新の人気国産車モデルであるトヨタGR86/スバルBRZ用、スバル・レヴォーグ(現行型)用、ホンダN-ONE用の専用キットを新たに追加した。全19色のホースカラーを選べる。

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS