「モータースポーツ」の記事一覧 - 2ページ目

さらに車種で絞り込む:

「技術の日産」の礎となったレース参戦!厳選耐久レース用マシン5台【ニスモフェスティバル2018】

レースで培ったターボ技術サーキットは走る実験室だ12月2日、静岡県の富士スピードウェイで開催された「ニスモフェスティバル2018」には、新旧さまざまなレーシングカーが展示されていた。そのなかにフランスで行われるル・マン2...

続きを読む...

20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

日産の技術を育てたラリー参戦日産のモータースポーツ活動というと、歴代スカイラインを代表とするサーキットのイメージが強いが、じつは1950年代から1990年代まで「ラリー」にも積極的に参戦していた。その主戦場は、もっとも過...

続きを読む...

1985年以前の懐かしいF1マシンだけが参戦できる「マスターズF1」が日本で初開催

ヒストリックカーレースに参戦する唯一の日本人久保田克昭選手が躍進の走りを見せた!メジャーレースシリーズも閉幕し、国内モータースポーツ界も一段落した2018年11月17~18日、鈴鹿サーキットでは「RICHARD MILL...

続きを読む...

ダートと舗装路の複合コースで戦う新モータースポーツ「ラリークロス」

ダートと舗装路のあるのはラリーと同じだが複数のクルマが同時出走するから迫力満点ダート(未舗装路)と舗装路を組み合わせたコースを使用して、レース形式で複数のクルマが同時に走行するラリークロスは、海外でも盛り上がりを見せて…

続きを読む...

61歳最年少ドライバー「中谷明彦選手」がレジェンドカップ第1戦を制する

初開催となった歴代名ドライバー対決は大御所同士のバトルなど見どころ満載!2018年11月17日(土)〜18日(日) 静岡県・富士スピードウェイで、富士チャンピオンレースシリーズ第6戦が開催。今回は、富士チャンピオンレース...

続きを読む...

ヘイキ・コバライネンも楽しんだ! トヨタ・ハイラックスで走る「ラリークロス」とは

ダートと舗装路の混成コースのレースにハイラックス・ワンメイククラス新設11月21日(水)に福島県二本松市にあるエビスサーキット西コース(ラリークロスコース)を舞台に「ジャパンラリークロス・JRXエキシビションマッチ」が開...

続きを読む...

2 / 10123...10...»

ウィークリーランキング

  1. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  2. キャンピングカーの「バンコン」と「キャブコン」を選ぶ基準4つ

    ひと口にキャンピングカーといっても「バスコン」「キャブコン」「バンコン」...

  3. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  4. 1度限りの800台限定! 日産R35 GT-R トラックエディションの1/43ミニカー発売

    カーボン製スポイラーまでを忠実に再現 ミニカー専門店のモデルギャラリー...

  5. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  6. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  7. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  8. 「三菱デリカ D:5 」1/43スケールモデルがインターアライドから2019年2月に登場

    アウトドア界で人気のミニバンがモデル化 幅広い車種をモデル化しているホ...

  9. 「キャンピングカー」を運転するときに必要な免許とは

    車両重量3.5トン未満なら普通免許でOK 公道を走れるボディサイズなら...

  10. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...