「モータースポーツ」の記事一覧 - 2ページ目

さらに車種で絞り込む:

若者のクルマ離れなんて誰が言った!? 学生たちが軽自動車レースにハマる理由

無理せず楽しめる新しいモータースポーツ 「最近の若者はクルマに興味がない」……スポーツカーの販売不振やレース人口の減少を、そんな理由で納得させる風潮があるとはいえ、本当にそうだろうか。事実、今でもクルマが大好きな若者は変.…

続きを読む...

ラリー・モンテカルロ・ヒストリックに挑む日本の学生チーム「自動車を通して学べるものとは」

レジェンドの篠塚建次郎さんも参戦 フランスの「ラリー・モンテカルロ・ヒストリック2020(1月29日〜2月5日)」に、日本の学生たちによるチーム『Team浪漫/TeamROMAN(チーム浪漫)』が5台の国産旧車ラリーカー...

続きを読む...

「ラリーの日産」と言われるほど世界を圧巻! 昭和の名ラリーマシン5選

世界にアピールするにはラリーでの活躍が効果的 近年、日産のモータースポーツと言えば、SUPER GTやFORMULA Eなどサーキット・レースの印象が強いのですが、かつてはWRCを始めとするラリーでの活躍も目立っていまし...

続きを読む...

感動のモータースポーツシーンが甦る! レースカメラマン集団が写真展を開催

プロが撮影した渾身のワンシーンを展示 F1、WRC、Moto GP、国内スーパーGT、ル・マン24時間、インディ500…、日本はもとより世界で繰り広げられているレースやラリーなどのモータースポーツ。その一瞬一瞬の感動シー...

続きを読む...

ドリキン土屋圭市が立ち上げた「ドリフトキングダム」が9年の歴史の幕を下ろす

土屋氏が望むドリフト審査基準の再構築 ドリキンこと土屋圭市氏が仕掛けてきたドリフトイベントといえば、稲田大二郎氏とともに2001年にスタートしたD1グランプリ。そして、この二人は2011年にD1から距離を置いたドリフトイ...

続きを読む...

日産とトヨタが壮絶な闘い!「プリンスR380やトヨタ7」など60年代を駆け抜けた国産最高峰のレーシングカー

日本グランプリで鎬を削った日産とトヨタ SUPER GTなど現代のメジャーなモータースポーツではトヨタと日産、ホンダの3メーカーが、国内外のフィールドで活躍していますが、近代モータースポーツが黎明期だった1960年代に、...

続きを読む...

2 / 55123...102030...»