「モータースポーツ」の記事一覧 - 3ページ目

「モータースポーツ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

まるで手作りミニF1「ベルコウエスト759」が全開走行! 70年代序盤にサーキットで活躍したミニフォーミュラとは

2022年10月1日に、ホイールメーカーのハヤシレーシングが主催する「FL500走行会」が岡山国際サーキットで行われました。参加車両はFL500のオールスターといった雰囲気で、かつて活躍したさまざまな新旧モデルが勢揃いしました。今回はベルコウエスト759を振り返ります。

続きを読む...

【東北660選手権・第3戦リポート】軽カーだからできる迫力の接戦レース! 軽カーの熱い走りを紹介します

新規格の軽自動車、それもNAエンジン搭載車で争われる人気レースが、東北660選手権です。スポーツランドSUGO(宮城県)とエビスサーキット(福島県)で開催され、60台以上がエントリーする人気っぷりです。今回は、スポーツランドSUGOで開催された2022年第3戦をリポートします。

続きを読む...

観戦券が完売した「ラリージャパン」を今からでも楽しむ方法とは? 「うまいもの」を食べてお祭り気分に浸ろう!

WRC(世界ラリー選手権)の日本戦が2022年11月10日〜13日にかけて行われます。すでにSSのチケットは完売ということですが、そこで残された観戦方法としては、サービスパークパークを訪れることをお勧めします。今回は、ラリージャパンの詳細についてお知らせしていきましょう。

続きを読む...

トヨタ「ハイラックス」でアジアクロスカントリーラリーに参戦決定! ボディは持続可能な天然素材

2022年の第27回大会となるアジアクロスカントリーラリー(AXCR)が2022年11月にスタートします。これに「WÜRTH TRD Hilux MSB Tras135」が参戦することを、そのメインスポンサーを務めるウルトが発表しました。マシンを紹介していきましょう。

続きを読む...

2輪用ヘルメットを車の走行会に使って大丈夫? 公認レースでなくとも4輪用を推奨する理由とは

サーキット走行の必須アイテムといえば長袖・長ズボンにヘルメットとグローブです。レーシングスーツを着用しなくとも走行会レベルでは走ることができますが、ヘルメットは2輪用でも大丈夫なのでしょうか。あらためて2輪用と4輪用のヘルメットの違いについて解説をします。

続きを読む...

HREの2台ともに「トップ10」フィニッシュ! NASCARトラックシリーズも残すところあと2戦【NASCARトラックシリーズ2022】

日本人で唯一NASCARにエントリーしている服部茂章代表率いる「Hattori Racing Enterprises」。第21戦「Chevrolet Silverado 250」がタラデガ・スーパー・スピードウェイで開催されました。決勝の模様をリポートします。

続きを読む...

「世界のホンダ」はF1で勝ってこそ! NHK取材班が密着した30年ぶり王座奪回への道のり──『ホンダF1 復活した最速のDNA』はファン必読の1冊

4輪モータースポーツの最高峰として、世界中のファンに愛さ入れているのがF1です。ホンダはエンジンサプライヤーとして2015年より復帰し、2021年には30年ぶりにシリーズチャンピオンを獲得しています。その第4期と呼ばれる活動を密着取材し、まとめた書籍が発売されました。

続きを読む...

ホンダは日本の誇りだ! F1初優勝を飾った日の丸を背負った「地上を走る戦闘機RA272」とは

1965年に登場したホンダRA272はホンダがF1初優勝を飾ったマシンです。1.5リッターV12気筒エンジンからは230bhpを発揮しました。同年の最終戦となったメキシコGPでは、予選3位スタートでギンザー選手が優勝。バックナム選手は5位入賞となりました。

続きを読む...

3 / 14512345...»