「モータースポーツ」の記事一覧 - 3ページ目

さらに車種で絞り込む:

氷の張った湖上で体験! 「氷上走行」で運転が劇的に上手くなるワケ

滑りやすいから丁寧な操作が求められる 冬季ならではの氷上走行会。ドライビングレッスンが含まれていることが多い。じつはツルツルの氷の上は、低い速度でも、わずかな操作でクルマの挙動は大きく変化するほど超シビア。それゆえ安全…

続きを読む...

古き良きラリーカー「ランチアデルタS4」が1/24スケールとなって発売へ

ファン垂涎のモンテカルロ仕様をリアルに再現 青島文化教材社から1/24スケールの『ランチアデルタS4』のプラモデルが、2019年4月より発売される。じつは2018年12月に新規金型ですでに発売された商品だが、即完売となり...

続きを読む...

北米スバルのモータースポーツが象徴的なマシンカラーへ【NAIAS2019】

ブルーとゴールドとの往年カラーで統一トヨタGRスープラ、そしてSUBARU/STI S209などの登場で沸いた北米自動車ショー(デトロイトショー)。スバル/STIブースには、そのS209を中心に発表会の時点ではインプレッ...

続きを読む...

プロに聞く! レーシングドライバーがいう「タイヤの限界」とは

タイヤのグリップ力を感じ取ることが重要モータースポーツや、スポーツドライビングの世界では「タイヤの限界を感じて」とか「タイヤの限界を使う」といった表現をよく耳にする。この「タイヤの限界」というのは、いったいどのようなも…

続きを読む...

日本勢の活躍に期待!! 「パイクスピーク2019」エントリーリストを発表【PPIHC2019】

4輪部門と2輪部門から全6人がエントリーアメリカ・コロラド州パイクスピークにあるパイクスピーク・ハイウェイを舞台に繰り広げられる「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」。第97回目となる大会のエントリーリスト.…

続きを読む...

新東名SAに隣接!! 富士山の麓に誕生『モータースポーツビレッジ』プロジェクトの全貌

ガレージの設置や宿泊施設が充実に!モータースポーツの魅力を発信する「東京オートサロン2019」の富士スピードウェイのブースでは、モータースポーツを軸としたアミューズメント施設の概要が発表された。国内では初となる壮大なプロ...

続きを読む...

最高出力は912HP!! ドリフト界のカリスマが手がけたモンスター・ピックアップトラック

FORD F150改の足元を支えるのはトーヨータイヤの極太サイズだった2019年1月1日付で、「東洋ゴム工業株式会社」から「TOYO TIRE株式会社」に社名変更をしたトーヨータイヤ。意外かもしれないが、社名に「TIRE...

続きを読む...

3 / 15«...234...10...»

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  3. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」

    ホンダのヨーロッパ市場戦略が再び問われる今  ホンダが突如イギリスのス...

  6. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  7. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...

  8. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  9. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  10. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...