「モータースポーツ」の記事一覧 - 5ページ目

「モータースポーツ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

NASCARにHREがスープラでスポット参戦! ダーリントン戦を9番手でフィニッシュ【NASCAR Xfinityシリーズ】

Xfinityシリーズではチーム初のトップ10入り アメリカでもっとも人気のある自動車レース「NASCAR(ナスカー)」の3大シリーズのひとつである「Xfinity SERIES(エクスフィニティ・シリーズ)」。その第2...

続きを読む...

いまどきのサーキットは縁石の外側まで舗装! かつて当たり前だった「砂利敷き」が減ったワケ

サーキットのコース外のエスケープゾーンとは サーキットのエスケープゾーンといえば、砂利を敷き詰めるのが一般的だった。しかし近年では部分的に舗装されるケースが増えており、特に国際規格のサーキットではその傾向が強いようだ。…

続きを読む...

いま「サーキット女子」が増加中! トヨタMR2の女子ドライバーの本気っぷりに1日密着

ジムカーナ&レース、公式戦出場を目指す スポーツカー大好き女子が本格レッスン開始 モータースポーツをはじめるにあたり、いわゆるミニサーキットやショートコースと呼ばれるところで経験を積んで、さらには腕を磨き、本格的なジム…

続きを読む...

ついに明日決勝のル・マン24時間レースでトヨタ三連覇なるか! 挑み続けた「究極の耐久レース」へのニッポンの歴史

ニッポンのル・マン挑戦は50年にも達した 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、日程を変更し、さらに無観客で実施することが決定した2020年のル・マン24時間レース。日本人ドライバーとして中嶋一貴が、マニュファクチャラーと...

続きを読む...

「上手くても」「慣れてても」「晴れてても」行うべき! サーキットを流して走る「慣熟走行」が必須なワケ

全開の前に必ず行いたい「人とクルマの準備運動」 サーキット走行を安全に楽しむための鉄則と言われているのが、最初の2〜3周は全開せずにゆっくり流す「慣熟走行」だ。じつはアマチュアだけでなく、プロドライバーでも当たり前に実践.…

続きを読む...

「抜く」より大切なのは「抜かれ方」だった! サーキット初心者が憶えておくべき重要なマナーとは

追い抜かれたいときの意思表示が大事 サーキットビギナーにとって、他の速いクルマと一緒に走るというのはけっこう怖い。走行会によっては、自己申告でタイム別にクラス分けを行っているところも多いので、まずはそうした初心者向けの…

続きを読む...

峠の走り屋から開発者へ! 自らが作った「コペン」でチャンピオンまで獲得した「クルマ馬鹿」ダイハツ技術者の夢とは

『ちいさなクルマ』の可能性を モータースポーツを通じて発信 現行のLA400系コペン誕生の裏で、開発メンバーのひとりとして携わった、ダイハツ工業の殿村裕一(とのむら ゆういち)さん。昨年は、自らがつくったLA400系コペ...

続きを読む...

「シャンパンじゃなく牛乳」「顔だらけのトロフィー」「巨大な指輪」! 佐藤琢磨が2度も勝った「インディ500」の「特別」度

日本はモータースポーツの真髄を理解できるのか 佐藤琢磨が二度目のインディ500優勝を果たした。これはとてつもない偉業だ。アメリカの全国紙でも「佐藤が」という点を強調しつつ大々的に報じらていた。1回でも勝つのが大変なのをア...

続きを読む...

5 / 83«...34567...»