国産セダンがポルシェの前を走った日「スカイライン」モータースポーツ列伝 (1/3ページ)

国産セダンがポルシェの前を走った日「スカイライン」モータースポーツ列伝

日本のモータースポーツ黎明期から君臨

 国産のスポーティカーで、歴代モデルがモータースポーツで活躍したクルマと言えば、やはりスカイラインだろう。

 なんといっても、後に日産自動車に吸収合併されるプリンス自動車工業が、富士精密工業を名乗っていた時代の1957年に誕生した初代モデル(ALSI系)のスカイラインが、2年後の59年に、国内最高位のラリー競技として始まった「第1回 日本アルペンラリー」に参戦。見事に総合優勝を飾ったのであった。

 そして63年に登場した2代目モデル(S50系)からはレースにも参戦。数々のタイトル獲得と優勝を飾ってきている。先ずはスカイライン列伝のパート1として、S50系と3代目=C10系の活躍を振り返ってみよう。

スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ

 

第1回日本グランプリの惨敗から本気に取り組む

 国内初の本格的な自動車レースは、1963年に鈴鹿サーキットで開催された「第1回日本グランプリ」。自工会との打合せ通り、チューニングなどの支援を積極的に行わなかったプリンス勢は惨敗を喫してしまい、翌64年の第2回日本グランプリに向けて全力で臨むことになった。

 そして、64年には1600ccまでのT-Ⅴレースでスカイライン1500が、2000ccまでのT-Ⅵレースではグロリアが圧勝。また準備段階で同時に、より改造範囲の広いGTクラスへの参戦を目指し開発されたのが「スカイライン2000GT」だった。こちらは直4エンジンを搭載するスカイライン1500のノーズを20cm伸ばしてエンジンルームを広め、グロリア用の直6エンジンを搭載したモデルだ。

スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ

 レース前にクルマは完成したが、実際に出場するには日本自動車連盟のレース車両規則のもと、GTとして公認されることが必要。そのために急きょ100台が生産、販売されることになった。いわゆるホモロゲーション(公認)モデルであり、国内では初のケースだった。(富士スピードウェイ50周年イベントで撮影)スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ

 スカイラインは後にR32型GT-Rが登場した際にグループAレースで勝つために、レースの車両規則を解析、最も適した排気量として「2568cc+ターボ」という、エンジン排気量の数字が導き出されたことはよく知られる。その四半世紀前から”レースに出るために誕生”したのがスカイラインのDNAだったのだ。

 ホワイトの4ドアセダンは65年式のスカイライン2000GT。こちらは3連のウェーバー・キャブを装着し、リアトランクボディ上部後ろに赤い文字でネームが書かれた“赤バッジ”の愛称で知られる2000GT-Bである。スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ

 

神話はポルシェを相手にバトルから生まれた

 こうして誕生したスカイライン2000GTは、第2回日本グランプリでデビュー。レース車両は2座(市販仕様は3座)のスポーツカーだが、排気量1500ccとアンダーパワーなフェアレディ1500を相手に楽勝となる、はずだった。ところがここに手強いライバルが登場する。スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ

 それは、当時トヨタのエースドライバーだった式場壮吉が個人エントリーしていたポルシェ・カレラGTS、通称“904”である。4ドアセダンのノーズを伸ばしたスカイライン2000GTに対して、904はミッドシップにフラット4(水平対向4気筒)エンジンを搭載した2シーターの準レーシングマシン(写真は同型モデル)。

 スカイラインの生みの親である桜井眞一郎さんが「エイとダックスフントの戦いだった」と呟いた、とも伝わっているが、クルマ本来のポテンシャルからすれば、到底勝負にならないほどレベル差があったのだ。スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ

 ところが2回目の予選で式場ポルシェはクラッシュしてしまい予選3番手。スカイライン2000GTの生沢徹がポールポジションを奪ったのである。しかし、突貫作業でマシンを修復した式場はレース直前にグリッドに着く慌ただしさだったが、走り始めればポテンシャル差は明らか。あっという間にトップへおどり出る。

スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ

 ところが7周目、バックマーカー(周回遅れ)が式場ポルシェの前に出現して一瞬スピードの鈍ったところに生沢スカイラインが追いつき、ヘアピンでパス。そのままトップで生沢のスカイラインが式場のポルシェを従えてホームストレートに戻り走り抜けていったのだ! スタンドの観客は大喝采。その後は式場が生沢を抜き返し、そのまま逃げ切って優勝したのだが、1周だけトップに立ったことでスカイライン神話が始まったという。

スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ

 写真上のブルーに39番の白いゼッケンサークルが映えるレース仕様は、2015年に座間の日産ヘリテイジコレクションで撮影したもの。生沢がポルシェを抜いたマシンではないが、当時のワークス車でバリバリに速かった。ステアリングセンターに貼られた、左上がリバース、左下がオーバードライブとなるシフトパターンに注目。

スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 S54B S20 モータースポーツ


画像ギャラリー