「旧車」の記事一覧 - 12ページ目

さらに車種で絞り込む:

中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

ネオクラシックな日本車がブームに 旧車ブームと一括りにしてしまうのははばかられる気もするが、ここ数年でクラシックモデルの中古相場がググっと上がっているのは間違いないところ。誰もが認める名車はもちろんだが、当時はただの実…

続きを読む...

ダイハツ初の軽自動車『ミゼット』とお洒落トラック『ハイゼット』を東京支社ショールームに展示

日本経済を支えてきた軽自動車の歴史を展示 ダイハツ工業(以下:ダイハツ)は、東京・日本橋にある東京支社ショールームにて「軽自動車の進化」をテーマに車両展示をスタートさせた。 展示するクルマは、1957年にダイハツが初めて...

続きを読む...

クルマ好きなら誰もが変えた! ステアリング交換の今と昔の違い

名だたる欧州ブランドの存在 1990年代までの自動車カスタムで、初めの一歩といえるのがステアリング交換。スポーツカーもセダンもRVも軽自動車も、こぞって社外品を愛用する時代だった。そこで、一斉を風靡した人気メーカーやモデ...

続きを読む...

大人のミニカー「トミカプレミアム」にシルビアとディアブロを追加!発売記念仕様も同時リリース

往年の人気車を細部までリアルに再現 タカラトミーが発売するダイキャスト製ミニカーである、トミカの大人向けシリーズ「トミカプレミアム」が今年5周年を迎える。そんな節目となる年の最初の商品として「トミカプレミアム 15 ラン...

続きを読む...

現在の自動車には皆無! コンパクトなボディに大排気量エンジン搭載したクルマ4選

ナリは小粒でも走りは刺激的 最近では上級車種であっても小排気量で過給機を装着するダウンサイジングが主流となっており、一部を除いて大排気量の車両は減少の一途をたどっている。確かに排気量が小さければ税制面でも環境面でも良い…

続きを読む...

古臭いデザインなのになぜ? クラシック系ホイールがブームになっているワケ

アフター業界に押し寄せる復刻ブーム 驚くほどの価格高騰を続ける旧車。そんな空前のブームを受けてか、カスタムを支えるホイールメーカーでは、クラシックなデザインへと回帰する逆転現象が巻き起こっている。例えば「ワーク」では19.…

続きを読む...

いまでも色褪せない魅力がある「バブル時代に生まれたパイクカーとは」

次期型マーチのデザインスタディとして登場 80年代の後半から90年代前半にかけて日産自動車が続々とリリースした「パイクカー」を覚えているだろうか。「パイク」とは槍の先端を意味しており、転じて“とんがった”、“個性的な”ク...

続きを読む...

12 / 30«...111213...2030...»