「旧車>ワゴン」の記事一覧 - 4ページ目

さらに車種で絞り込む:

似て非なるドレスアップ手法「自動車カスタム」ジャンルの手法と人気ベース車を知る

クルマのイジりかたも十人十色 ひとことに「ドレスアップ」といっても、ジャンルはじつに多種多様で複雑なもの。クルマに興味を持ち始めたばかりの人には、それぞれの違いや起源、どんな車種が人気なのかも分かりにくい。 自動車ドレ…

続きを読む...

自動車用語「足まわりがヘタる」ってどんな症状? 修理するのに必要な費用は?

乗り心地を左右する縁の下の力持ち 走行距離が増えた愛車で気になること。エンジンやミッション以上に体感しやすい『ヘタリ』は、乗り心地の悪化や異音が発生する「サスペンション」関係だ。どのような症状が足まわりの劣化なのか、ま…

続きを読む...

ひそかに愛され続けた「隠れ長寿車4選」 モデルチェンジよりも熟成の道を歩んだクルマたち

20年以上生産され続けたモデルも 2020年で日産GT-Rが13年目、という事実も驚愕ではあるが、それ以外にもフルモデルチェンジを果たさず長期に渡って生産・販売が続けられたモデルはいくつか存在している。 GT-Rのように...

続きを読む...

HONDA、軽トラ事業から撤退! ハイメカだらけだった「ホンダの軽トラック」を振り返る

1963年から続く、58年の歴史に幕 2021年6月をもって生産終了がアナウンスされたホンダの「アクティトラック」。1977年の登場から数えれば実に44年の歴史に幕を閉じることとなり、マニアとしてはファイナルモデルを購入...

続きを読む...

「WRX STI ファイナルエディション」「ミゼット」「ハイラックス」がミニカーになって登場

昭和から令和までの名車をモデル化 クルマ好きなら誰もが一度は集めたことがあるミニカー。今回紹介するアイテムは「青島文化教材社」からはカプセルトイにダイハツミゼット。「インターアライド」からは1/43スケールのスバルWRX...

続きを読む...

旧車を所有するリスク! 古いクルマを憧れだけで購入すると痛い目にあう理由

保険や税金、部品の入手を悩みと思うか否か 一時の高騰ぶりは少し落ち着いた感はあるが、高値維持というのは変わらないし、イベントやカーショーをみても旧車の人気は未だに高い。レストア済みの車両も増えてきて、一見すると「普通に…

続きを読む...

軽自動車の進化とライバル列伝「5メーカーがしのぎを削りあった名5番勝負」

切磋琢磨で進化してきた日本が誇るクルマ 日本が世界に誇る“モノづくり”によって進化してきた軽自動車。そもそも国内に軽自動車というカテゴリーが誕生したのは、今から70年前、戦後間もない1949年(昭和24年)のこと。当初は...

続きを読む...

「平成の自動車チューニング」いつの間にか消えてしまったもの5選

クルマの進化や環境問題で必要性がなくなった 時代は世につれ……。あるときは流行っていたのに、時が経つと忘れ去られてしまうものはいろいろとある。もちろん自動車のアフターパーツ関係も同じくだ。とはいえ、クルマの場合は人々の関.…

続きを読む...

4 / 12«...345...10...»