「美しすぎる国産クーペ」 時代を経ても廃れないクルマの美学を振り返る (1/2ページ)

「美しすぎる国産クーペ」 時代を経ても廃れないクルマの美学を振り返る

昭和にあった美麗なるデザイン

 トヨタ・クラウンの初代モデルが登場したのは1955年のことでしたが、国内でモータリゼーションが大きく発展し始めたのは1960年代。初代クラウンと同い年の少年であった筆者は、友人たちに人気の漫画よりも、兄が購読していた自動車雑誌を愛読する、クルマ大好き小学生になっていました。

 いわゆる”スーパーカー世代”と言われる少年たちのはるか20年近くも前かもしれませんが、まず興味を持ったのは流麗なボディを纏った国産の美しいクーペたち。半世紀以上も昔のことで、工業製品であるクルマが旧態化するのは仕方ないのですが、それでも当時の美しいクーペたちは、今見てもなお美しいと感心するばかりです。

 

ミケロッティが初めて手掛けた国産クーペ

【プリンス・スカイライン スポーツクーペ】

 1960年の11月、国産車として初めてトリノ・ショーに出展されデビューを果たしたモデルがプリンスの「スカイライン・スポーツ」。カーデザイナーの偉人、イタリアの「G・ミケロッティ」が手掛けたのは、初代グロリアのシャシーに、2ドアクーペとコンバーティブルの2種類のボディを身に纏わせたスカイライン、まさに美しさの賜物です。1960年代、世界的カーデザイナーが美しさを放った国産クーペ、プリンス・スカイライン スポーツクーペ、ニッサン・シルビア、ヒノ・コンテッサ1300クーペ、いすゞ117クーペ、マツダ・ルーチェ ロータリークーペ センターラインに向けて下降する傾斜を持った4灯式のヘッドライトや、ドアの後方でキックアップするショルダーラインなどが大きな特徴。エンジンは、グロリアと同じプッシュロッドの1.9リッター直4を搭載。初代のグロリアは、スカイラインの1.5リッター直4エンジンを1.9リッター直4エンジンに乗せ換えてデビューした経緯をもっており、スカイラインとは兄弟の関係にありました。1960年代、世界的カーデザイナーが美しさを放った国産クーペ、プリンス・スカイライン スポーツクーペ、ニッサン・シルビア、ヒノ・コンテッサ1300クーペ、いすゞ117クーペ、マツダ・ルーチェ ロータリークーペ 翌61年10月の東京モーターショーに出展された後、1962年4月より販売開始。エンジン出力は94馬力で最高速150km/hというパフォーマンスは、現在からすれば物足りないが、そのデザインは今なお新鮮に映ります。

 残念ながら少年時代より路上で遭遇したことはなく、写真の2台ともに座間にある日産ヘリテージ・コレクションで撮影したものです。

 

フェアレディのクーペバージョンとして誕生

【ニッサン・シルビア】

 1952年にデビューしたダットサン・スポーツDC-3を祖とするダットサン・フェアレディは国産初の本格スポーツ。69年にフェアレディZに移行するまではすべてがロードスター(オープンカー)でした。

 そんなフェアレディの2代目(DC-3も含めれば3代目)となるフェアレディ1500(SP310)のシャシーにプッシュロッドの1.6リッター直4エンジンを搭載。セミ・ハンドメイドの2ドア・クーペボディを架装したモデルが初代の「シルビア(CSP311)」だったのです。1960年代、世界的カーデザイナーが美しさを放った国産クーペ、プリンス・スカイライン スポーツクーペ、ニッサン・シルビア、ヒノ・コンテッサ1300クーペ、いすゞ117クーペ、マツダ・ルーチェ ロータリークーペ CSP311のタイプネームが示すようにフェアレディ1600(SP311)のクーペ仕様。ただし、発売はシルビアが65年4月で、5月に発売(1500のMC版)されたフェアレディ1600より一足早くデビューしていました。フェアレディがスパルタンな2座オープンだったのに対し、シルビアはゴージャスなグランド・ツアラーといった位置づけだったのです。1960年代、世界的カーデザイナーが美しさを放った国産クーペ、プリンス・スカイライン スポーツクーペ、ニッサン・シルビア、ヒノ・コンテッサ1300クーペ、いすゞ117クーペ、マツダ・ルーチェ ロータリークーペ ヒストリックカーとして再度注目をされるようになってから、何度か路上や博物館でで遭遇したこともありましたが、こちらも写真は座間にある日産ヘリテージ・コレクションで撮影したもの。

 

セダン、クーペともにミケロッティデザイン

【ヒノ・コンテッサ1300クーペ】

 現在は大型トラックなどの専業メーカーとなっている日野自動車ですが、戦後しばらくは乗用車も生産していました。フランスのルノーからのライセンス生産で乗用車市場に進出、独自開発したコンテッサ900に次いでより上級モデルとなる「コンテッサ1300」をリリースしています。

1960年代、世界的カーデザイナーが美しさを放った国産クーペ、プリンス・スカイライン スポーツクーペ、ニッサン・シルビア、ヒノ・コンテッサ1300クーペ、いすゞ117クーペ、マツダ・ルーチェ ロータリークーペ まずは64年9月に4ドアセダンがデビューし、翌65年の4月に2ドア・クーペが登場。端正な4ドア・セダンと流麗な2ドア・クーペはともにミケロッティにデザインを委託したもの。いまでも充分にモダンな雰囲気が醸し出されています。1960年代、世界的カーデザイナーが美しさを放った国産クーペ、プリンス・スカイライン スポーツクーペ、ニッサン・シルビア、ヒノ・コンテッサ1300クーペ、いすゞ117クーペ、マツダ・ルーチェ ロータリークーペ パッケージングではライセンス生産だったルノー4CVから踏襲されてきたリア・エンジンが最大の特徴。プッシュロッドの1.3リッター直4エンジンが採用されました。当時、クラウン8用のV8エンジンに換装したデル・コンテッサが雑誌で紹介され驚いたことを思い出します。

 こちらも路上で遭ったことはなく、写真は18年のオートモビル・カウンシルで撮影。

画像ギャラリー