「タグ: インプレッサ」の記事一覧

スバルインプレッサWRC仕様やトヨタ新型スープラのドリフトマシンがお台場に登場!

ファンを魅了した走行シーン F1マシンから軽自動車ワンメイクマシンまで身近に見られるモータースポーツジャパン2019が東京・お台場特設会場で行われた。展示だけではなく現役ドライバーがマシンのドライブで、迫力の走行を近くで...

続きを読む...

すべては勝利のために! レースに出るために開発された究極の市販車5選

レース規定やレギュレーションに合わせて設計モータースポーツがクルマという道具を使って行なうスポーツである限り、必然的に自動車メーカーは深く関わっていくことになる。とくに市販車をベースとしたモータースポーツではベース車の…

続きを読む...

空気抵抗が増えるのになぜ? スポーツカーのボンネットに穴が空いているワケ

ハイパワー車では冷却性能を確保する スポーツカーでは、ボンネット(フロントフード、エンジンフ―ド)に穴(ダクト)が設けられている印象が強い。現行モデルでいえば、スバルWRX STIは大きなインテークが設けられているのがア...

続きを読む...

DIYで装着できる「SUBARU車」にオススメの実用的LEDアイテム5選

個性を手軽に主張できるヒカリモノ LEDを使ったSUBARU車の「ヒカリ(光)モノ」カスタムは、テールランプをはじめとしたエクステリアを彩るものから、インテリアのイルミネーション系までじつに多彩。それぞれの組み合わせが、...

続きを読む...

スバル水平対向エンジン解体ショーを開催!構造解説とメンテの必要性をアピール

バラすとわかるエンジンのコンディション 水平対向エンジンやシンメトリカルAWDをはじめとする独特のメカニズムに魅了され、これまで数々のSUBARU(スバル)車のチューニングを手がけてきた愛知県のガレージKM1。同社の緒方...

続きを読む...

スバルが新たなステージへ!新色「ジェットホワイト」を採用したワケ

走りへの情熱を込めたコンセプトモデル SUBARUは、モータースポーツ統括会社のSTI(スバルテクニカインターナショナル株式会社)と共同で、2019年2月9日から11日までインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2...

続きを読む...

市販化確実!?「STI Sport」史上初のスバル・インプレッサ スポーツ登場!

新世代STIのボディ色はジェットホワイト SUBARUは、モータースポーツ統括会社のSTI(スバルテクニカインターナショナル)と共同で、2019年1月11日から13日まで千葉県幕張メッセで開催される「東京オートサロン20...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...