STI史上最高の「伝説」! インプレッサ22B STiバージョンは何が凄いのか? (1/2ページ)

STI史上最高の「伝説」! インプレッサ22B STiバージョンは何が凄いのか?

ラリーカーのイメージをストリートマシンとして再現

 “22B”。このワードを見ただけでときめいてしまうのはスバリストだけではない。1998年に400台限定で登場した初代インプレッサの伝説的モデルとして多くのクルマ好きに知られるSTIのコンプリートカーである。

 当時WRC(世界ラリー選手権)に参戦していたSUBARUは、3年連続のマニュファクチャラーズタイトルを獲得。これを記念し、WRCで実際に戦ったインプレッサWRC 97のフォルムを忠実に再現したのが22Bである。スバルファンミーティングに展示されたインプレッサWRC 97画像はこちら

 ベースとなったインプレッサWRX タイプR STi バージョンIVが“ピュアスポーツクーペ”というキャッチコピーであったのに対し、22Bは“プレミアムスポーツクーペ”というキャッチが与えられた。ベース車が299万9000円という時代に、車両本体価格500万円というスバル車としてはかなり高額なプライスであった。ベースとなったインプレッサWRX タイプR STi バージョンIV画像はこちら

 しかし、ベースモデルから一度フェンダーを切除し、職人の手による手作業で忠実にWRカーのフォルムを再現したリヤフェンダーだけでもその価値はあるといえる。もちろんフロントフェンダーも専用品が奢られた。スバル研究実験センターに展示しているインプレッサ22BSTiバージョン画像はこちら

 エンジンは、車名の由来ともなるボアアップされた2212ccのEJ22改(水平対向4気筒DOHCターボ)を搭載。ベース車両(2リッター)よりも豊かなトルクは初代インプレッサの中では別格のプレミアム感といえる。STI初のコンプリートカー「スバル・インプレッサ22B STiバージョン」画像はこちら 足回りでは初代インプレッサ系では唯一のビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製コイルスプリングを組み合わせているが、バネレートはフロントが3.5kgf/mm、リヤが3.0kgf/mmと決してハード過ぎないしなやかな乗り心地を実現していた。ホイールはBBSで、足回りにはビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製コイルスプリングを採用する画像はこちら

 ちなみにビルシュタインとアイバッハブランドの組み合わせはWRカーと同一というこだわり。22Bの“B”はビルシュタインの頭文字からとったと言われており、ダンパーにはスバルのWRCチーム運営に携わっていたプロドライブの名前も入っていた。スバルファンミーティングに展示されたインプレッサWRC 97のリア画像はこちら

 現在でもSTIが手掛けるコンプリートカーは開発され続けているが、ここまで手間のかかったモデルは存在しない。当時のSTi社長である久世隆一郎氏の妥協を許さない徹底したこだわりによって生み出された奇跡のモデルともいえるだろう。STI初のコンプリートカー「スバル・インプレッサ22B STiバージョン」画像はこちら

画像ギャラリー