「タグ: キャンプ」の記事一覧

キャンプの必須イベント! 焚き火に必要なアイテム選びと楽しみ方とは

暖をとれて調理も可能な「焚き火」のあれこれ キャンプの大きな楽しみに「焚き火(たきび)」がある。しかし、キャンプ場の多くは薪(まき)を直接地面に並べる「直火(じかび)」は禁止だ。そのため『焚き火台』というものを使うのだ…

続きを読む...

快適な車中泊を身近にするルーフテント「X-Cover」が日本上陸

大幅な軽量化でコンパクトカーや軽自動車にも対応 車中泊を行なう人やキャンパーに注目されているのがルーフテント。キャンピングカーは手が届かないし、車内で寝るのは広さや装備で快適じゃない。そんな悩みを解決してくれるのが、名…

続きを読む...

オシャレで格好いい! カーAVメーカーが車中泊仕様の「トヨタ・ハイエース」を提案

他モデルでもカスタマイズを計画中 カーAVメーカー「アルパイン」が手がけるドレスアップパーツのブランドが「アルパインスタイル」だ。エアロパーツからマフラー、ホイールなどをオリジナルでラインアップしている。 1月11〜13...

続きを読む...

ディーラーが提案する「純正オプションを駆使して作り上げたトヨタ・シエンタ」

遊び心をプラスした車検対応ミニバン 9月に追加されたトヨタ・シエンタの2列シート&5人乗りに、「MTG(宮城トヨタグループ)」が異色ともいえるカスタムを施した1台を東京オートサロンでデビュー。ディーラーならではの安心感を...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  5. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  6. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. CR-XにインテRのエンジンを搭載したモンスターマシン

    アメリカの定番チューン「エンジンスワップ」 国産車にも対応したパーツが...

  9. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  10. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...