クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 野外活動での「虫」対策は万全ですか? 山小屋生活で学んだオススメの忌避剤をお教えします【おとなの山遊びVol.12】
OUTDOOR
share:

野外活動での「虫」対策は万全ですか? 山小屋生活で学んだオススメの忌避剤をお教えします【おとなの山遊びVol.12】

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭(SATO Kei)  PHOTO: 佐藤 圭

  • 虫対策

  • 隙間テープ
  • 虫対策グッズ
  • 虫対策

人の手が入っていない山奥は虫対策が重要

いつになく雪解けが早かった2023年。いつもならジムニーですら辿り着けない積雪が4月の頭まで続くが、今年は3月に入った時点で雪がほぼ残っておらず作業を再開できた。ただし春の訪れが早かったということは、虫が発生する時期も早くなってしまう。何十年と人の手が入っていなかったおかげで、自分たちの秘密基地は虫対策が永遠のテーマだ。

ゴールデンウィークにはヤマビルが活動をはじめ、夏になればさまざまな種類のアブやハチが飛び交い、秋は最大の敵であるカメムシが大量に出てくる。自然のなかに虫がいるのは当たり前の話であり、市街地と同じ環境を求めるわけではないが、快適さを維持するには減らす努力が不可欠。というわけで実際に使って効果が大きかった、防虫グッズと対策の数々を紹介してみたい。

窓やドアなどの隙間から侵入しないようガード

まずはログハウスへの侵入を物理的にガードする、各種の隙間テープおよび目の細かいメッシュ網だ。隙間テープはポリウレタンやスポンジなどさまざまな素材があり、機密性が高まることで防虫だけでなく寒さ対策にも効果的。

隙間テープ

ログハウスは窓すべてと倉庫やトイレを含むドアに貼り付け、開閉しない換気口にはメッシュの網を重ねて湿気や臭気は篭らせず、小さな虫が入り込んでくるルートをひとつひとつ潰していった。

もうひとつは網戸。昨年の夏ごろ一緒に作業している仲間とログハウスに泊まり、朝に常夜灯として使っていたLEDランタンの表面を見ると、体長が1mmもないような羽虫が無数にこびり付いている。網戸の近くに吊るしていたランタンほど多く、網戸の目をくぐり抜けて侵入すると判断した。

そこで一般的な18メッシュ(1mm目)から、市販の30メッシュ(0.67mm目)に張り替え。以降は小さな虫がランタンに付くことがなく、視界や通気性は従来と変わらないように思える。

そして不倶戴天の敵であるカメムシ。隙間テープなどである程度の対策はしたものの、わずか2mmの隙間があれば侵入するとのことで、なかなか根絶させることができないでいた。

そこで活発に動き始める9月の下旬からは窓やドアの周囲に2週間おきに外から忌避剤をスプレー、さらに屋内はすべての窓にカメムシが苦手とする匂いを放つ袋入りの忌避剤を吊るしてみた。ココまでやっても決してゼロにはならないが、屋内で見る回数は確実に減ったと思われる。なおカメムシの天敵としてはカマキリやクモが有名らしく、これらを利用して生息数そのものを減らせないかと思案中だ。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS