「山」か「海」か「湖」か? キャンプ初心者が選ぶべき場所とは (1/2ページ)

noteで書く
「山」か「海」か「湖」か? キャンプ初心者が選ぶべき場所とは

この記事をまとめると

  • 自然を楽しむキャンプは場所選びが大事
  • 初心者が雰囲気だけで選ぶと大変なことになることも
  • プロが山・海・湖の注意点などを解説する

山・海・湖それぞれに魅力があり注意点もある!

 空前のキャンプブームに影響され、これからキャンプを始めようと考えている人も多いはず。そして、キャンプを始めるにあたり、キャンプ初心者にとって「キャンプ場選び」はもっとも大きな試練になります。キャンプは自由を楽しむ趣味ですから「山」であろうと、「海」であろうと、「湖」であろうと自分が好きな場所を選べば問題ありません。

 しかし、環境への対応力が低いキャンプ初心者は、できるだけネガティブな要素の少ない場所を選ぶことが、快適なキャンプを楽しむための鍵になることを覚えておきましょう。キャンプ経験者の先輩たちは、色々な失敗を積み重ねてきた経験則に基づいてキャンプ場を選んでいるのです。

 キャンプ場の設備やロケーションだけでなく、快適性を左右する「季節的要因」をしっかりと考慮することが快適なキャンプを楽しむための秘訣。ここでは春から夏へと移行する今の季節に限定し、キャンプ場選びのポイントをレクチャーしますので、参考にしてもらえれば幸いです。

山のキャンプ場は「防寒対策」と「防虫対策」が必要!

 新緑の季節を迎えた山のキャンプは気持ちの良いものです。蚊やブヨなどの害虫が出始める季節ですが、夏ほど活発ではないのも大きなポイント。しかし、森に囲まれたキャンプ場では害虫対策を怠ると痛い目に合うのも山キャンプのあるあるです。防虫スプレーや蚊取り線香をしっかりと用意しておきましょう。

【関連記事】最強の「仕事グルマ」は最良の「遊びクルマ」! 現行「ハイエース」がアウトドア好きに愛される5つの理由

山のキャンプ画像はこちら

 そして、山のキャンプ場は標高の高い場所も多く、目指すキャンプ場の標高を事前にチェックしておくことが必要です。一般的に標高が100m高くなると気温は0.6℃ほど下がるといわれ、標高1000mの場所では6℃も下がることになります。日中であれば涼しくて快適に思えるかもしれませんが、重要なのが最適気温。都市部で最低気温が15℃とすると、標高の高いキャンプ場では9℃ということになり、夜間や朝方はかなり冷え込みます。夏の装備しか持っていかないと寒い思いを強いられ、体調を崩す可能性もあるので注意しましょう。

 そして、夏を迎える前には「梅雨」がやってきます。雨が降り続ける梅雨時期は気温が急激に下がることもあり、夏を意識した軽装備でのキャンプは禁物。シュラフの快適温度をしっかりと確認し、対応温度が適していない場合にはインナーシュラフや毛布などを持っていくことをおすすめします。

シュラフのイメージ画像はこちら

海水浴シーズンの前には海には絶対に入らないこと!

 五月晴れの空と青い海……絵にかいたようなロケーションが味わえる海のキャンプ場ですが、この季節は想像以上に水温が低いので注意が必要です。海開きの後であれば監視委員を配置する海水浴場も多いのですが、監視員が置かれていない今の時期に海に入ろうと考えてはいけません。

海辺のキャンプ場画像はこちら

 また、海水浴シーズンには砂浜が整備され、ゴミやガラスなどの危険物が取り除かれることも多いのですが、今のシーズンは砂浜にガラスの欠片などが残されている可能性があるので注意してください。砂浜だけでなく磯場も同様、春先は風の強い日も多く、海が時化(荒れて)ている場合は高波に気をつけて下さい。波に足をさらわれて転倒すれば、ゴツゴツとした岩場で大けがを負うことも考えられます。

海岸のイメージ画像はこちら

 海辺のキャンプ場は温暖で標高差がないことから気温は安定していますが、強風から逃れる場所が少ないのが特徴。強風に備えてしっかりとしたペグを使用し、風に煽られてテントやタープが飛ばないように気を配りましょう。とくに砂地のキャンプ場ではペグが抜けやすいので、標準でセットされている安価なペグではなく、長めのペグや強度の高いペグを用意しておくことをおすすめします。

ペグのイメージ画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー