デリカD:5こそ最強アウトドアカー! 迷わず買って問題なしとプロが断言するワケ (1/2ページ)

デリカD:5こそ最強アウトドアカー! 迷わず買って問題なしとプロが断言するワケ

プロも認めるラゲッジスペースの積載量

 アウトドアに安心・安全・快適に出かけられ、現地で便利に使える最強のアウトドアカーは何か。その答えのひとつが、三菱のデリカD:5だ。現行モデルのデビューは2007年とかなり昔だが、当時のアウトランダーをベースに仕立てられた、ミニバンの皮をかぶったSUVと言えるほどの三菱自慢の4WD、SUV性能を備えた3列シートミニバンである。しかも、デビュー前にパリダカのサポートカーとして完走したという実績を持つ、かなり本格的な走破性の持ち主でもあるのだから頼りがいも満点ということになる。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

三菱デリカD:5画像はこちら

 初期型モデルの走りはけっこう荒々しく、本格SUV派向けと言っていい硬派なテイストだった。しかし、2019年のビッグチェンジ以降は、全車2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンを採用し、駆動方式も三菱自慢の新制御4WDに統一されている。三菱デリカD:5画像はこちら

 ダイナミックシールドを用いた顔つきをはじめ、先進運転支援機能を備え、そして何と言っても劇的に軽くなったパワステや軽快感ある走行性能、山道をスイスイ走れる洗練された操縦性を得て、誰もが扱いやすく、走りやすいデリカD:5に進化しているのだ。

山道をスイスイ走れる洗練された操縦性

 では、そんなデリカD:5が何故、アウトドア最強カ―なのか? その答えは、三菱自動車が主催するスターキャンプに行けば一目瞭然だ。AC100V/1500Wコンセントを備えた、走る電源車とも言えるアウトランダーPHEVもたしかに少なくはないが、もっとも見かけるのは新旧デリカ軍団なのである。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

三菱デリカD:5画像はこちら

 理由は明白。現行モデルで言えば、道なき道を進める、最低地上高185mm(マイチェン前の210mmと実質的に同じ。計測方法の違いによる)の本格SUV性能を備え、本格SUVでしか踏み込めない道も余裕の走破性の持ち主だ。ならばアウトランダーでも同じじゃないか? と思うかもしれないが、本題はここから。三菱デリカD:5画像はこちら

 アウトドアの達人、キャンプの達人が、多人数乗車をしなくてもあえてアウトランダーではなくデリカD:5を選ぶ大きな理由が、ズバリ、荷物の積載性能なのである。具体的に説明すると、最大4~5名乗車として、後席(1/2列目席)使用時の荷室は新型アウトランダーの場合、開口部地上高780mm、フロア奥行き970mm、フロア幅1070mm、天井高980mm(いずれも2列シート車または3列シート車の3列目席格納状態)。三菱デリカD:5画像はこちら

 一方、デリカD:5の3列目席格納時の荷室は、開口部地上高620mm、フロア奥行き1200mm、フロア幅890~1250mm、天井高1135mmだ。つまり、デリカD:5のほうがより多くのアウトドア、キャンプ用品を無理なく積み込めることになる……だけではない。三菱デリカD:5画像はこちら