デリカD:5こそ最強アウトドアカー! 迷わず買って問題なしとプロが断言するワケ (2/2ページ)

強いて欲を言えばAC100V/1500Wコンセント付きがあれば……

 以前、三菱のスターキャンプを訪れた際、初日は晴天だったのだが、翌午前中はなんと豪雨。誰もが慌てて撤収を始めたのだが、そうした際の荷物の積み込みやすさも、荷室のフロアが低く、より大容量のデリカD:5のほうがスムースで、スピーディに作業が行えることを実感した。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

三菱デリカD:5画像はこちら

 悪天候下だから、持ってきた荷物を完全に元のように畳んだりできないため、行きより荷物がかさばってしまっても、デリカD:5の荷物の積載力ならOKということ。デリカD:5で参加したアウトドア&キャンプの達人も、まったく同意見だった。もっと言えば、両側スライドドア車であれば、大開口スライドドアからの荷物の出し入れもより容易。3方から家族一丸となって一気に荷物を積み込めるメリットもあったりする。三菱デリカはアウトドアに最適すぎるミニバン画像はこちら

 また、テントを張るのが前提だとしても、天候が変わりやすい山間部では急な天候悪化などによって、車内に一時避難することもアウトドア、キャンプではありがちだ。そんなときも、SUVの実際、ワゴンやセダンと変わらない室内空間より、大空間で2列目席でも足を伸ばしてゆったりでき、シートアレンジによる車内のお座敷化、ベッド化もしやすいミニバンのほうが使い勝手がいいのである。三菱デリカD:5画像はこちら

 ただし、同じ三菱のラインアップで唯一アウトドアやキャンプに適したアウトランダーPHEVと比べ、デリカD:5が”残念”なのは、クリーンディーゼルモデルだけのため、車内外でコーヒーメーカーや簡易電子レンジなどの家電品が使えるAC100V/1500Wコンセントが付かないこと。

 とはいえ、キャンプサイトに電源があれば問題ないし、火を使うことができれば解決するケースがほとんどだろう。よって、やはり最強のアウトドアカーは、本格SUV同等の走破性、大空間、荷室の広さ、ロングドライブでの快適性を誇るデリカD:5で決まりというわけだ。もっとも、筆者の個人的理想は、最新のアウトランダーをベースにした電動デリカD:5(AC100V/1500Wコンセント付き)なんですけどね……。三菱自動車さん、ぜひとも検討を!!