見た目より実を取るならSUVよりミニバン! 予算100万円で狙える「アウトドア」での万能っぷりが半端ないモデル6選 (1/2ページ)

見た目より実を取るならSUVよりミニバン! 予算100万円で狙える「アウトドア」での万能っぷりが半端ないモデル6選

大容量ラゲッジスペースをもつミニバンはアウトドア向き

 アウトドアに行くならSUVしかない! という考え方は間違っている。例えば三菱自動車が主催するスターキャンプのフィールドを見れば、意外にもSUVのアウトランダーやエクリプスクロスより、ミニバンのデリカD:5が多いことに気づくはずだ。本格キャンパーだからこそのチョイスで、その理由はやはり大容量のキャビン、ラゲッジスペースによる、アウトドア、キャンプ用品の積みやすさというわけなのだ。そこで、予算100万円以内で手に入る、アウトドアにも適した、使い勝手のいいミニバンを紹介したい。

日産セレナ/トヨタ・ヴォクシー/ホンダ・ステップワゴン(いずれも先代)

 まずは室内空間とラゲッジスペースに余裕あるMクラスボックス型ミニバンだ。100万円以下の候補としては、先代日産セレナ、トヨタ・ヴォクシー、ホンダ・ステップワゴンの御三家が、中古車の流通量も多く、適役だ。

【関連記事】“ギア”感たっぷり! スズキ「ハスラー」にダイハツ「タフト」などアウトドアが楽しくなるオススメ軽カーを紹介します

トヨタ・ヴォクシー画像はこちら

 セレナは現行型のデュアルバックドアこそないものの、シートアレンジ性は文句なく、車内のフラットアレンジ、車中泊対応もばっちり。日産セレナ画像はこちら

 アウトドアフィールドで子供といっしに両側スライドドアを開け放ち、車内をテラス席のように使いたいなら、ヴォクシー、ステップワゴンもいい。セレナのスライドドア部分のフロアは高めで、階段を2段上がるような乗降になるのだが、ヴォクシーとステップワゴンは低床かつワンステップフロアで、小さな子どもやペットも乗り降りしやすいのである。ホンダ・ステップワゴンのステップ画像はこちら

 そんなシーンで威力を発揮するのが、2列目席をスライドさせ、大自然のなかにソファを置いたように寛ぐための、2列目席空間の広さだ。上記の先代Mクラスボックス型ミニバンの2列目席膝周り空間の広い順に並べると、ステップワゴン最大355mm、セレナ300mm、ヴォクシー250mmと、ステップワゴンの広さが際立つ。ホンダ・ステップワゴン画像はこちら

 つまり足を伸ばしてよりリラックスできるということだ。また、突然の雨などで、一時的に車内に避難……という場面では、2-3列目席スルー機能が役立つ。わざわざ2列目席をウォークインしなくても、サッと多人数が車内(3列目席にも)に避難できるのである。ホンダ・ステップワゴン画像はこちら

 各車の2-3列目席スルー空間幅を計ってみると、セレナ180mm、ヴォクシー155mm、ステップワゴン135mmとなる。ステップワゴンでも足の細い人ならスルーが可能だが、やはりセレナとヴォクシーのほうが、車内移動がしやすいと言える。日産セレナ画像はこちら

 荷物の積載性では、セレナとヴォクシーは3列目席が左右跳ね上げ式のため、ラゲッジルーム床下に収納を完備(深さはヴォクシー225mm、セレナ240mm)。一方、ステップワゴンは3列目席ダイブダウン床下格納方式で、床下収納を持つない代わりに拡大したラゲッジスペースをより広々と使えるメリットがある(とくにラゲッジルーム上部の左右幅)。ホンダ・ステップワゴン画像はこちら

 ちなみにボックス型ミニバンのバックドアは、全開にするには車体後方に約1mのスペースが必要になる開けにくさがある一方、バックドアがアウトドアでのひさしになる使いやすさがある。全開にすることで、直射日光や雨を防いでくれるというわけだ。その際、ラゲッジスペースの開口部をベンチ代わりにして座れるのもバックドアがあるクルマの使い勝手の良さだが、問題はその高さ。日産セレナ画像はこちら

 一部SUVのように高すぎると、足が地面に着かず、落ち着かない。だが、ここでの3台のミニバンなら、ラゲッジルームの開口部地上高はステップワゴン525mm(3列目席格納時)、ヴォクシー550mm、セレナ520mmと、全車ともに低いため、椅子代わりにするにも都合がいい。

 もちろん、3車ともにフラットシートアレンジで車内をお座敷化することもできる。小さなテーブルを置いてリビングのように寛げるところは、ボックス型ミニバンの全高、室内高の高さならではだ。日産セレナ画像はこちら