クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • 未分類
  • 見た目より実を取るならSUVよりミニバン! 予算100万円で狙える「アウトドア」での万能っぷりが半端ないモデル6選
未分類
share:

見た目より実を取るならSUVよりミニバン! 予算100万円で狙える「アウトドア」での万能っぷりが半端ないモデル6選

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: Auto Messe Web編集部

三菱デリカD:5

 ところで、冒頭で触れたデリカD:5も、元をただせば2007年デビューだから、今とはフロントグリルまわりのデザイン、走行性能で大きな違いがある。少し古い2010年前後のモデルであれば、予算100万円で手に入れることができる。三菱デリカ

 デリカD:5はミニバンの皮をかぶったSUVであり、最低地上高がたっぷりあるため、スライドドア部分のフロア高は535mm(1段目は450mm)と高い。ラゲッジルームの開口部地上高も620mmと、Mクラスボックス型ミニバンと比べて高まるものの、室内空間は広大。

三菱デリカ 2-3列目席スルー空間はなんと265mmもあり、大人でも楽々室内移動が可能。スライド機構を持つ3列目席を最後端位置にセットすると、ラゲッジルームの奥行きは160mmでしかないものの(現行型でもパッケージは不変)、3列目席を最前端までスライドさせれば、最大500mmの奥行きになる(3列目膝周り空間は0mmだが)。三菱デリカ

 1/2列目席の使用なら、荷物の積載力は十分になる(ラゲッジルームの床下収納はなし)。ちなみに、Mクラスボックス型ミニバンと比べ、3列目席のシートサイズはより大きく(特に座面長で、Mクラスボックス型ミニバンの2列目席に相当する490mmもある)、かけ心地もなかなかだ。

ホンダ・フリード/トヨタ・シエンタ

 このほか、より年式の新しい中古車が手に入る、アウトドアで活躍してくれるミニバンとしては、5ナンバーサイズで乗れる先代ホンダ・フリードの後期型となる2015年式や、なんと現行型の2017~2018年式のトヨタ・シエンタも100万円以下で探すことができるだろう。3列目席をスルリと床下格納すれば、広大なラゲッジスペースが出現。大型犬とのアウトドアにも最適と言っていい。トヨタ・シエンタ

 フリードは先代から3列目席を取り払った、大容量コンパクトワゴンとも呼べる仕様=フリードスパイクもある。アウトドアに出かける乗員が1~4名であれば、3列シートミニバンではないものの、荷物の積載力優先で、移動する隠れ家のように使えて車中泊対応もばっちりな2列シート版を選ぶのも手だ。2013年式まで遡れば、ハイブリットモデルの選択も可能となる!!ホンダ・フリード

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS