むしろ中古のほうがイイ! たった100万円程度でアウトドアがもっと楽しくなる国産SUV5台 (1/2ページ)

むしろ中古のほうがイイ! たった100万円程度でアウトドアがもっと楽しくなる国産SUV5台

この記事をまとめると

  • アウトドアに乗っていけるクルマを探すなら中古車がオススメ
  • 中古車なら多少のキズも気にならない
  • 100万円前後で手に入る2011-2013年型のコスパの高い中古車を紹介

悪路にも強いSUVをピックアップ

 アウトドアに乗っていき、ガンガン使えるクルマを探しているなら、意外にも中古車がおすすめだ。というのは、アウトドアに乗っていくとボディや下まわり、室内が汚れまくることも少なくなく、ボディにキズが付くこともある。

 また、アウトドアの荷物を出し入れしているうちに、ラゲッジ周りにキズが付く可能性も大なのだ。新車でそんなことになったらガッカリ。でも、ちょい古、格安な中古車なら、ある程度の汚れ、キズが付いてもそれほど気にならないのではないか(そもそも最小から多少のキズ、汚れが付いていたりするし)。

【関連記事】バンライフ最強のオシャレっぷり! 丸目のプロボックスが「センスの塊」だった

日産エクストレイル画像はこちら

 そこで、アウトドアに似合うちょい古、といっても新車登録から13年経つと自動車税が増税されるため、2022年からあと数年は使い倒せるという意味で、100万円前後で手に入る2011-2013年型のコスパの高い中古車を紹介したい。もちろん、アウトドアに似合うだけじゃなく、アウトドアフィールドにありがちな悪路にも強いSUV、クロスオーバーSUVのジャンルからである。

日産エクストレイル

 まずは日産エクストレイルだ。中古車は2代目となる2013年型ぐらいが100万円前後の値付けとなる。デビューは2007年で、この年式は最後期モデルとなり、装備的にも充実。運転席で着替えがしやすいポップアップステアリングやフル防水インテリアも自慢だ。

【関連記事】バンライフ最強のオシャレっぷり! 丸目のプロボックスが「センスの塊」だった

アウトドアに似合う「国産中古車」5選画像はこちら

マツダCX-5

 マツダCX-5も100万円前後で2013年型が手に入る、お薦めの1台。初代型は2011年のデビューで、クリーンディーゼル車が多いのも特徴だ。先進運転支援機能のi-ACTIVESENSEもすでに用意されているから、アウトドアへのドライブも安心である。ただし、CX-5のキャラクター、ユーザー層から、走行距離は多めである。マツダCX-5画像はこちら

スバル・フォレスター

 抜群の走破性を誇る本格SUVのスバル・フォレスターも4代目の2013年型がちょうど100万円前後の価格となる。美味しいのは、現行型とエクステリアデザインにおいては大きく違わず、いかにも古いフォレスターに見えないのところ。アイサイト搭載グレードなら、今ほどではないにしても、安心・安全なアウトドアへのドライブが可能になる。もちろん、都会にも似合うスタイリッシュなエクステリアデザインにして、全天候型の走行性能が手に入る。スバル・フォレスター画像はこちら

画像ギャラリー