「サーキット」の記事一覧

「サーキット」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

サーキット走行でブレーキが利かなくなる「恐怖」の現象「フェード」! 意外と知らない「理由」と「対策」とは

ブレーキシステムが高温になり制動力が低下 主にサーキットでの連続走行などでブレーキを酷使すると、制動力が低下して、ブレーキペダルを踏んでもなかなか減速しなくなる。これをフェード現象という。このフェード現象はなぜ起きるの…

続きを読む...

僅か「数十センチ」の「寄せ」が勝敗を分ける! サーキットで「車幅感覚」が重要なワケ

タイヤ1~2本分といえども車幅感覚は非常に重要 スポーツドライビングのセオリーのひとつに「アウト イン アウト」がある。なぜ「アウト イン アウト」が有効かというと、他の条件が同じ場合、コーナーの半径が少しでも大きい方が...

続きを読む...

F1もGTマシンも走った富士スピードウェイをなんと2200円で走れる! ヘルメットも不要の「体験走行」の中身とは

普段着のまま愛車で憧れのサーキットを走れる 昔に比べればハードルはだいぶ下がったものの、はじめの一歩を踏み出すには勇気がいるサーキット走行。初心者向けのイベントや走行会も多く開催されているけど、やはり専用の装備が必要だ…

続きを読む...

ブリーフィングじゃ教えてくれないサーキットの「危険」場所の見分け方とは

危険な場所を見抜いて楽しく安全に走ろう “安全”と言われるサーキットにも、事故が起きやすいポイントはある。一般公道のように注意喚起の標識があるワケではないが、コースの作りから危険な場所を察知することは可能。大切なクルマを.…

続きを読む...

「アウト・イン・アウト」に「インベタ」が勝る!? 一筋縄じゃいかないサーキットの「ライン取り」の不思議

セオリーを理解すれば怖いものなし! サーキット初心者の誰もが頭を悩ませるのが走行中のライン取り。ドラテク本には「コース幅を目いっぱい使おう」と書いてあり、アウト・イン・アウトという言葉もよく聞く。その意味を理解し実践す…

続きを読む...

「ウデ」は同じでも「タイム」が変わるサーキットの不思議! 最速ラップが更新できる「条件」とは

気象や路面状況などで大きく違いが出る 最初の頃は走るだけで楽しいサーキット。しかし慣れれば慣れるほど気になるのが、自分がどれだけ速く走れるかを示す「タイム」だ。上級者はタイムが出やすい日を狙い、渾身のアタックをかけると…

続きを読む...

サーキットで「エアコンオフ」は昔の常識だった! いまどきクルマの「賢い」走らせ方とは

オートエアコンのついているクルマは気にしなくても良い! 気温が高い季節はドライバーの負担、クルマへのストレスを考えても、あまりサーキット走行をおすすめできる季節ではない。もちろん季節に関わりなく、定期的にサーキットを走…

続きを読む...

クルマに乗れば「障がい者」も「健常者」も同じ土俵の勝負! 車いすのレーシングドライバー青木拓磨のスクールが最高に面白い

健常者も障がい者も一緒に楽しめるサーキットイベント 9月2日(水)、今年初めてとなるHDRS(ハンド・ドライブ・レーシング・スクール)が千葉県・袖ケ浦フォレストレースウェイで開催された。このHDRSは、レース活動以外にも...

続きを読む...

1 / 1112345...»