「タグ: テールランプ」の記事一覧

トヨタ・ハイエース用「新作LEDテールランプ」2タイプがダズフェローズから発売!!

ファイバーラインとブロックデザインの2種類 トヨタ・ハイエースのリアビューをリフレッシュさせるのに効果的なテールランプがまたまた新発売。手掛けたのはLEDパーツを数多く扱っている、実績のあるハイブランド『ダズフェローズ』...

続きを読む...

スバル車のテールランプをフルLEDに!ディーラーでも購入できるカスタムパーツ

光源が流れるLEDウインカーまで採用 SUBARU車のオーナーの間で人気のヒカリモノ(後付けランプ)カスタム。エアロパーツやホイールなどに加えて、エクステリアを自分色に演出できるカスタマイズとして人気が高い。なかでも「L...

続きを読む...

ノア・ヴォクシー・エスクァイアで最先端を演出!! トレンドを凝縮したテールランプが登場

ダズフェローズからトヨタ車用が続々登場!近未来的な点灯でリアビューを華麗に演出する「ダズフェローズ」といえば、国産車を中心にテールランプやドアミラーウインカーを展開。スタイリッシュなデザインや最先端な点灯パターンなど、…

続きを読む...

前期型アルファード&ヴェルファイアの「後期ルック」に挑戦してみた

リアまわりの後期ルックは実現可能!配線作業や価格など詳しく解説運転支援機能が充実した後期型のアルファード/ヴェルファイアは、さらなる迫力を手に入れた外装も含めて進化を遂げた。そこで、前期型オーナーにとって気になるのが後…

続きを読む...

ハリアーとプリウスのブレーキ点灯を増やして安全性を確保する方法

カプラーオンで点灯面積を倍増、車検にも対応するキットが登場トヨタの60系ハリアーと50系プリウスの純正テールレンズ内に備わる、ブレーキランプの面積は意外と小さい。これでも後続車へのアピールは充分といえるが、両車にはポジシ...

続きを読む...

アルファード&ヴェルファイアへ、個性的に華やぐ”流れるウインカー”搭載のテールランプ

全15色の豊富なバリエーションで色彩豊かなリアビューを創り出す2月にデリバリーを予定する「ヴァレンティ」のアルファード&ヴェルファイア用テールランプ『ジュエルLEDテールランプ・REVO』。スリット状のLEDライトバーを...

続きを読む...

流れるウインカーを採用した「バーディークラブ」の新作テールランプが大人気【大阪オートメッセ2018】

シーケンシャルインカー搭載の新タイプを待望の86&BRZに専用開発「バーディークラブ」のLEDテールランプといえば、スーパーカーのそれを想わせるデザインが特徴的で人気を集めていた。今回新たに投入されたモデルは、前...

続きを読む...

最新のSUBARUテイストをインプレッサ&BRZへ 、「コの字」発光を採用するヘッドライト【ダズフェローズ】

GR/GV系インプレッサにはヘッドライト、BRZ&86にはシーケンシャルウインカー付きモデルを値頃感が増してきたGR・GVインプレッサWRX STIに、最新のSUBARU車マスクを可能にするプレミアムなアイテムが...

続きを読む...

1 / 4123...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...