クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • TAG
  • ホビー

「ホビー」の記事一覧

ミニカーファンブックの表紙

トヨタ「ランドクルーザー300」が1/64モデルになった! 「KYOSHO MINI CAR & BOOK」に新たな名車が加わる

さまざまなモデルカーをラインアップし、日本のみならず海外のファンにも支持されている京商。マガジンとモデルカーがセットになった「KYOSHO MINI CAR & BOOK」の最新作として、トヨタ ランドクルーザー300が、2023年3月9日(木)より発売されます。

【製作時間1万2000時間】学生が卒論のためにBMWを魔改造! フェラーリやジャガーのパーツを流用して作った「ハリケーン」とは?

BMWが次なるステップを模索していた1960年代に作られたワンオフのクーペ「ハリケーン」をご存知でしょうか。デザインの学生の卒業制作ながらBMWがシャシーとパワートレインを提供し、あるいはBMWのラインアップに加わる可能性もあったものの、幻に終わった悲劇のクルマを振り返ります。

クラシックカーでラリーに参戦する醍醐味とは?「カルマンギア」や「ビッグヒーレー」を経て「MG TD」を選んだ訳とは

2022年11月24日~27日に開催された「クラシックジャパンラリー2022 門司」に1952年式のMG TDで参戦した山本正文さん。上位クラスとなるAクラスの2位でフィニッシュしました。山本さんはなぜPC競技に向いていないMGを選んだのでしょうか。

リバティーウォークの「スーパーシルエットS15シルビア」がリアルに再現! モデルカーの世界のカスタムトレンドを解説します

開催された「大阪オートメッセ2023」にはジャンルを問わずさまざまなカスタムカーが出展されその個性を競いました。カスタムの人気は今やモデルカーの世界にも波及しています。「イグニッションモデル」の最新モデルからトレンドを解説しましょう。

クルマの祭典「大阪オートメッセ」にラジコンカーが一挙襲来!「タミヤRCカーグランプリ」が開催されました

タミヤといえば模型マニアならずとも、広く多くの人に知られている世界的なモデル・メーカー。そんなタミヤも関西最大級のクルマの祭典「大阪オートメッセ」の常連組で、2023年2月10日〜12日に開催された今回も会場の1号館に大きなスペースを展開しました。

実物大「ミニ四駆」現る! 時速180キロで走れる32/1スケールのマシンのエンジンは空冷フラットフォーでした

大阪オートメッセ2023のヨコハマタイヤブースには、巨大な原寸大(?)のミニ四駆「ADVAN エアロ アバンテ リミテッド」が展示されていました。タミヤとのコラボで製作されたこの車両、実際にサーキットを180km/hで走行できる本気仕様の仕上がりなんです。
OttO mobileのGRヤリス

トヨタ「GRヤリス」が1/18スケールで登場! OttO mobile製ミニカーの再現度の高さとは?

フランスのモデルカーブランド「OttO mobile」。その最新モデルとして発売されたのが、1/18スケールトヨタ「GRヤリス」です。世界限定3000個の希少モデルは、細部のディテールまでこだわったモデルとなっています。
OttOの無限シビックタイプR

ホンダ「シビック タイプR」が1/18スケールになった! 「無限」のエアロがカッコイイ「OttO mobile」の新作に注目

京商の取り扱うフランスのモデルカーブランド「OttO mobile」。その最新作として発売されたのが、ホンダ シビック タイプR(FK8型)だ。それもノーマルではなく、無限のエアロパーツなどを身にまとった仕様。迫力あるディテールを、1/18スケールで再現している。
share:

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS