「マークⅡ」の記事一覧

「マークⅡ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

火花が散るほどの「ド車高短」! ヤンチャ過ぎた「ドリフト黎明期」を振り返る

いかに白煙を演出するかが当時の基本 わざわざリヤを滑らせて、タイヤの出す白煙と角度と速さで競い合う。今でこそFIA競技にもなった「ドリフト」は、もともとストリートで生まれた「お遊び」だった。S13シルビアに180SX、マ...

続きを読む...

いま自動車界では「ひとりっ子」政策が推進! 時代の流れで消えた「兄弟車」4選

ベースは同じでも名前や見た目の異なる「兄弟車」 過去には各メーカーともに複数の販売チャネルをもっていることがほとんどで、量販車種の存在するジャンルでは販売チャネルごとに不利益がでないようにと、ベースは共通ながら名前や内…

続きを読む...

「真一文字」「ハネ上げ」「カツオ節付き」! 旧車の「バンパー」が個性的すぎた

かつてはバンパーもクルマの存在感を示すためのパーツだった バンパーというのは「バンプするも」のという意味で、バンプとは衝撃吸収のこと。見ての通り、ボディの前後に付けて、ぶつけたときの衝撃を吸収するのが本来の機能だ。ヨー…

続きを読む...

爆速オヤジもドリフト野郎もお気に入り! 90系から110系までマークII3兄弟最強の「V」とは

トヨタを代表するミドルセダンのスポーツグレード 昨年(2019年12月)に惜しまれつつも消滅してしまったトヨタ・マークX。その前身にはマークII、チェイサー、クレスタという3兄弟のモデルがあり、1980年代から1990年...

続きを読む...

人気に火が付き価格上昇中! 四角かった80年代のマークII3兄弟を買うならいましかない

ハイソカーブームを盛り上げた名車も価格高騰の一途 買うなら今しかない! イマドキのクルマとは違って故障のリスクが高いし、修理しようと思ってもモノによっては供給を終了していることもある。乗るにはそれなりの心構えが必要だが…

続きを読む...

伝説のR33型「スカイラインGT-R」パトカーや昭和の名車「マークII」も登場! 年末年始の新作ホビー情報

レアモデルが続々登場! クルマのホビーと言えば、ラジコン、プラモデル、ミニカーと購入費用さえ目をつむれば一生楽しむことが出来る。今回は、そんなクルマ系ホビーの最新アイテムをお届けしよう。昭和に活躍した三菱やスバル、トヨ…

続きを読む...

スカイライン、クレスタ、BMW…… 教習車の昭和後期から平成までを振り返る

マツダが新型教習車の販売スタート 令和となったこの5月、今月はどんな新車がデビューするのだろうと新車カレンダーを見てみると、5月27日に「新型マツダ教習車発売」という文字が……。ベースがデミオなのに車名が「マツダ教習車」...

続きを読む...

スポーツセダンの人気は健在!トヨタ・マークXオフ会で見えたクルマ感度の高さ

日本のクルマ社会を支えてきたマークIIの血筋 昭和43(1968)年に登場したトヨタのコロナ マークIIの流れを受け継ぐのが現在のマークXだ。セダンの人気がいまひとつというこの時代であっても、50年を超える歴史をもつブラ...

続きを読む...

1 / 212

【お詫びと訂正】

6月11日配信の「どうやってコンビニ入るのよ!」クルマ好き女子でも「ドン引き」するNGカスタマイズ3選の「シャコタン」項目で使用した写真に誤りがありました。使用した写真は公認車検取得済みの車両であり、本文の内容とは全く関係のないものでした。

写真を使用した車両のオーナーを始め関係者の方に深くお詫び申し上げます。