「タグ: メンテナンス」の記事一覧

過酷な冬にストレス満載! 春こそ見ておきたい自動車メンテナンス

冬場を乗り越えたクルマは疲労度アップ チョークを引いたりすることもなく、昔に比べたら冬の寒さというのはクルマにとってシビアではなくなったのは事実。だからといって、クルマにとって負担はないのかというと、そうでもない。問題…

続きを読む...

突然のバッテリー上がりも安心! 簡単にエンジン始動できるジャンプスターターとは

携帯電話用のモバイルバッテリーの大容量版 クルマの進歩は目覚ましく、数年前まで絵空事だったようなことも今では実用化されつつあるといった装備類も少なくない。しかし、一方でここ40年近くの間変わらない点もある。それはバッテリ.…

続きを読む...

    クルマのオーバーヒートを防ぐ冷却水「赤や緑、クーラントは色によってなにが違う?」

    さまざまな効果を持つ、エンジンを冷やすための水 現在、市販されている新車のエンジンはすべて「水冷」だ。水冷とはその名の通り、水でエンジンを冷やす形式のことをいい、以前に存在した「空冷」は風によって冷やすタイプとなる。空…

    続きを読む...

      洗車や駐車状態でクルマを傷めることも! クルマを長持ちさせるポイント5つ

      少しの工夫でクルマを美しく長持ちさせることも 自動車の寿命は平均で考えると10年/10万キロ(1年1万キロ)と言われている。少しでも愛車を長く乗ることはエコにもつながるし、クルマはもちろん財布の負担も減る。そこで今回は長...

      続きを読む...

      怠るとバーストの危険も!「キャンピングカーのタイヤ点検は超重要」

      車重もあって積載物も多いからこそ怠ってはいけないタイヤのチェック 「足元見やがって!」って・・・、それはクルマにとってとても重要な事なのです。特にキャンピングカーを乗られている方はタイヤを気にしてますか? 余り気にしてい...

      続きを読む...

      DIYに挑戦!! ヘッドライトの透明度を取り戻す3つの方法

      磨く・溶かす・貼るの異なる手法で年末年始に愛車の目元をリフレッシュ かつてのヘッドライトのレンズカバーといえばガラス製でしたが、近年はポリカーボネートという素材が使用されており、この樹脂が劣化することで黄ばんでしまうの…

      続きを読む...

      日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

      貴重な愛車と向き合うための秘訣とは?20万km/30万kmでの消耗部位を知る日本を代表するスポーツカー、スカイラインGT-R。いまや非常に貴重となってきたR32/R33/R34という第2世代GT-Rはすでに旧車の領域て...

      続きを読む...

      1 / 3123

      ウィークリーランキング

      1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

        アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

      2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

        熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

      3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

        非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

      4. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

        ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

      5. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

        エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

      6. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

        軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

      7. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

        希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

      8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

        中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

      9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

        トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

      10. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

        クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...