「タグ: ワーク」の記事一覧

【第2回 美魔女トーク】3回連続放映「社員もビックリ新作パーツ情報を大胆発言!!」

面白すぎる美魔女トーク今回は・・・アルミホイールの老舗ブランド『WORK』をプロデュースする株式会社ワークの代表「田中知加サン」、車高調で人気の足回りブランド『RS☆R』を率いる株式会社ティエムシーの代表「寺井久美子サン...

続きを読む...

    アフターブランド代表3人が繰り広げる美魔女トーク「第1回 そんなこと言うてもいいの〜?」

    ワーク×RS☆R×舞杏の代表3人が時間を忘れて饒舌三昧!アフターパーツの各ブランドが顔を揃える”日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会・NAPAC(ナパック)”。その男ばかりの世界で活躍する美魔女3人。...

    続きを読む...

    「WORK」ホイールの魂を込めた原点回帰の象徴を軽自動車へ

    古き良きレースホイールの面影を残した4スポークホイール「エクイップ40」日本屈指のホイールメーカー「ワーク」。その長い歴史の中で存在する、同社を代表するブランドといえば「Equip(エクイップ)」だ。その原点をいま一度現...

    続きを読む...

    2018年「シュヴァート」が高級感を底上げして生まれ変わる

    カスタムシーンの最前線へ色気に満ちた3モデルが同時デビュー自動車のカスタムシーンを広く席巻してきたワークの人気ホイールブランド「シュヴァート」が2018年、生まれ変わった。鍵となるのは、やわらかなフォルム。水の流れをイメ...

    続きを読む...

    ワークジスタンスW5Sへ、上質に薫る限定カラーモデルが登場【大阪オートメッセ2018】

    100セット限定の鳳凰エディション、“イミッツ”にはバブリーなカラーモデルも!「ワーク」のブースで注目したいのは2モデルの限定カラー。特に『ワークジスタンスW5S』の鳳凰エディションは、大阪オート...

    続きを読む...

    素材感を強調するチタニウムカラーで『ジースト&グノーシス』がさらに魅力的になった

    視線を奪うチタニウムカラーの煌き「マットグレーブラッシュド」に迫るワークの『ジースト』と『グノーシス』。ここで改めて説明をする必要を感じさせないほど、高い人気を誇るホイールである。ハイセンスなオーナーたちの愛車にも装着…

    続きを読む...

    1 / 3123

    ウィークリーランキング

    1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

      アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

    2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

      熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

    3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

      非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

    4. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

      ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

    5. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

      エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

    6. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

      軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

    7. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

      希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

    8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

      中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

    9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

      トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

    10. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

      クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...