「危険」の記事一覧

「危険」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

    一時盛り上がったアイドリングストップには「セルフ派」もいた! クルマには決してプラスじゃない同機能の是非

    この記事をまとめると 最近巻き起こっているアイドリングストップ機能の賛否 アイドリングストップはバッテリーなどへの負担が大きい その昔やっていたセルフアイドリングストップは意味なし

    続きを読む...

    安易なDIYは危険だった! マフラー交換でやらかす「ヤバい」実例5つ

    この記事をまとめると 作業自体は難しくないが不注意で大怪我することもあるマフラー交換 クルマをジャッキアップする場合、リジッドラックは必ず使用すること 一度使用したガスケットは排気漏れの原因になるので絶対に厳禁

    続きを読む...

    目玉が飛び出る「高額請求」もあり得る! サーキット走行で絶対厳禁の「マナー違反」とは何か

    他車やサーキットに迷惑をかけないためにも事前準備を怠るべからず 非日常域でクルマの挙動を確かめることができ、かつ運転スキルの向上にダイレクトに効果があるのがサーキット走行です。好天など最高の条件ならなおさら、サーキット…

    続きを読む...

      ICカード免許証導入から10年余り、活用の進む現場と落とし穴

      活用が進むICチップの技術 年を追うごとに巧みになる犯罪。記憶に新しいところでは某住宅メーカーが被害にあった55億円の地面師詐欺なんていうものもありましたが、このように本人になりすまして相手を騙す詐欺事件が横行してます。...

      続きを読む...

        死亡事故や暴走にも繋がる!フロアマットの誤った使用方法が及ぼす危険とは

        重ね敷きがおよぼす危険 ふだん何気なく使っているフロアマット。しかし使い方をひとつ間違えると、大きな事故に繋がる可能性もある。2枚重ねや固定の甘さなど代表的な要因を挙げるので、自分の愛車は大丈夫か必ずチェックしてみよう…

        続きを読む...

        6割が危険と感じた!アンケート結果から見た高齢者ドライバーの運転とは

        高齢ドライバーの交通死亡事故は激減している「あなたの不満を買い取ります。」というキャッチフレーズで、不満をデータ化して世の中を改善していこうというインターネット上のサービス『不満買取センター』が、「高齢者の自動車運転」…

        続きを読む...

          誰でもできる予防策! あおり運転をさせないためのポイント5つ

          周囲への思いやりが交通の流れを円滑にする もはや社会現象になりつつある「あおり運転」。死傷者を出す事態にまで至っている、常軌を逸したあおり運転は、とうてい許されるものではない。クルマという、使い方を間違えれば命さえ簡単…

          続きを読む...

            運転中の事故から身を守る!近づくと危ないクルマの行動パターン12選

            危ないクルマに近づかない回避術「君子危うきに近寄らず」とはよく言ったもので、街を走っていると「これは近づかない方がいいな」というクルマをときどき見かける。昨今は、さまざまな交通事故のニュースが報道されているが、そうした…

            続きを読む...

            1 / 212