クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • TAG
  • 新車

「新車」の記事一覧

VW「ゴルフGTI」最高! プロドライバーが保証する、段違いのホットハッチの「走り」と「熱量」と「楽しさ」とは?

フォルクスワーゲンの主力ハッチバック「ゴルフ」は現在第8世代。FFホットハッチの看板を長年にわたり担ってきた「GTI」は2021年12月に日本に導入されました。2022年10月に4WDの最強仕様「ゴルフR」が上陸した今、あらためて最新ゴルフGTIに試乗して、その走りと真価を検証しました。

VW「ポロ」のホットな「GTI」がマイナーチェンジ! チェック柄シートがいま若者には新しいアイテム

コンパクトハッチバック、「ポロ」のハイパフォーマンスモデル「ポロ GTI」がマイナーチェンジ。フォルクスワーゲン伝統のGTI、ちょうど良いサイズ感のホットハッチが走りや装備をブラッシュアップして登場しました。
T-specのフロントマスク

日産「GT-R T-spec」にZ世代が乗ってみたら驚きの連発! 「メーカー純正ストリートチューニングカーですかっ!」

日産の高性能スポーツモデルとして、世界中のファンに支持されている「GT-R」。2022年モデルに約100台設定された限定モデルが「T-spec」です。抽選販売でしたが応募が殺到したことでも話題となりました。その希少な限定モデルに試乗した、若手ライターのリポートをお届けします。

MTで楽しめる新車のポルシェ「911」登場! 「カレラ」と「カレラS」の中間モデル「カレラT」の装備を解説します

ポルシェから「911」の軽量スポーティモデルである「カレラT」が登場しました。ハイパフォーマンスな上級モデルにはない「ピュア」な走りをMTで楽しめる1台を紹介します。

【いま買うべきジープとは?】V6搭載のラングラーでソフトトップ仕様はもう二度と手に入らないかも!? リセールも期待できます

人気のジープ ラングラーですが、日本には4気筒モデルしかラインアップしていませんでした。しかし、V6搭載にくわえてソフトトップを採用した特別仕様車がラインアップしました。しかもベースよりも31万円も安く、「ジープ ラングラー リミテッドエディション ウィズ サンライダー フリップトップ フォー ハードトップ」はバリューある1台です。

ホンダ新型「シビックタイプR」をシフトノブからマフラーの裏側まで全部見せます! 3次元的形状リヤウイングに注目

ホンダのFL5型「シビックタイプR」が2022年9月1日、正式発売。基本的なパッケージは先代を踏襲しているものの、見た目にも一新された新型シビックタイプRは果たしてどんな仕上がりなのか? まずはビジュアルから、その進化の度合を確認してみましょう。

レクサス新型「IS500」は「IS F」の再来なるか!? 自然吸気V8をいまリリースするレクサスの英断に拍手!

レクサスのスポーティなコンパクトFRセダン「IS」に5L V8自然吸気エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「IS500」が、国内に導入されることとなりました。特別仕様車「IS500 Fスポーツ パフォーマンス ファーストエディション」は500台の限定です。
カタログイメージカット

やはり紙がイイ! コレクターも唸ったデジタルでは味わえない個性派カタログたちの魅力

子どものころ、好きなクルマのカタログをもらうためにディーラーへ通ったという人も多いのではないだろうか? 最近では、環境問題などもあり紙カタログは廃止となり、デジタル化が進んでいる。しかし、個性的なデザインなどクルマの世界観を表現したカタログは魅力的だ。
share:

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS