「福祉」の記事一覧

「福祉」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

どこでも駐車OKは間違い! 障がい者の「駐車禁止除外指定車」でも違反になるケース

悪用厳禁! 交付の対象はクルマから人へ 駐車禁止の場所でも駐車が可能になる 「駐車禁止除外指定車」の標章(ステッカー)は、身体障害者手帳、愛の手帳(療育手帳)、戦傷病者手帳、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている人で一.…

続きを読む...

ブリヂストンが縁石を開発? スムースな乗降を可能とするバス停の実現へ

ヨーロッパではバリアレス縁石の採用が進む 公共交通機関のひとつとして、多くの人が利用しているバス。最近では出入り口の段差をなくして乗り降りをしやすくした「ノンステップタイプ」、そして車内の段差をなくした「フルフラットタ…

続きを読む...

販売価格はピンキリ! 電動シニアカー選びでチェックすべきポイント

アフターサービスも考慮して選びたい シニアカーやセニアカー(セニアカーはスズキの商標だが、一般名称として使われることも多い)は、電動車いすの一種という位置づけになっています。電動車いすといえば、いわゆる車いす型の本体に…

続きを読む...

70歳超ドライバーの安全を守る「高齢運転者標識」は義務化すべき?

死亡事故20%以上が70歳以上のドライバー かつて「紅葉マーク」、「枯葉マーク」と呼ばれた高齢運転者標識。2011年にはシニアのSをモチーフとした4色のマークに変更された。登場以来、高齢者への義務化が求められてきたが、い...

続きを読む...

車いすユーザーにもオススメしたい! モータースポーツの楽しみ方【レース観戦編】

モータースポーツ観戦はお祭り感覚で ハンディキャップの有無にかかわらず「ちょっと興味はあるけど、サーキットには行ったことがない」という人も多いのではないでしょうか。実はクルマに詳しくなくても、モータースポーツ会場は「お…

続きを読む...

高齢者を乗せるとき「低床ミニバン」をオススメする4つの理由

車酔いがしにくく乗降性が良好 もともと「低床ミニバン」というのはホンダの十八番だった。F1マシンと絡めたテレビコマーシャルが流れたのは2005年だったが、古くからのホンダファンであれば、記憶に残っているのではないだろうか...

続きを読む...

日本も見習うべき!アメリカの高齢者街の「驚くべきマナーとルール」

55歳以上しか住めない高齢者の街 アメリカの街、フロリダ州サン・シティ・センターは、55歳以上しか住むことはできない。そのような街でゴルフカートが高齢者の「足」となって活躍している。 クルマやバイクより操作が簡単であると...

続きを読む...

非課税にならないケースも「自操式の福祉車両で節税できる条件とは」

自治体によって助成金が変わる事実 自動車メーカーが販売する自操式の福祉車両は、消費税が非課税になります。これは、すでに運転補助装置が取り付けられた福祉車両であることが条件。つまり、クルマを買ってから自操式の装置を後付け…

続きを読む...

1 / 212