「走行会」の記事一覧

「走行会」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

サーキットに着いたらヘルメット忘れたことに気がついた! 初心者がやりがちな「準備ミス」とは

事前の準備で当時も楽しく走ることができる 初心者にとっては異世界そのもの、緊張するのが当然のサーキット。でも身銭を切って走るのだから、楽しまなければ意味がない。頭が真っ白になって失敗したり痛い目に遭わないよう、サーキッ…

続きを読む...

どうせ走るなら「走行会」に限る! サーキット初心者にとって「スポーツ走行」とは別モノだった

サーキット走行にはさまざまな形態がある 速さを競う本格的なレースから、初心者でも気軽に参加できる追い越し禁止の体験走行まで、多種多様な楽しみ方があるサーキット。一般ユーザーがエントリーできるのは、おもにプロショップなど…

続きを読む...

「ギリギリ燃料」に「エアクリ外し」! コンマ1秒を削るつもりが「深刻な事態」になりがちな攻め技4つ

リスクの高いサーキットでの離れ業 サーキットで速さの絶対的な基準となるラップタイム。コンマ1秒を削るため誰もが並々ならぬ情熱を傾けるが、時にはそれが仇となってしまうこともあるという。「人の振り見て我が振り直せ」のことわざ…

続きを読む...

気楽に付けると「頭直撃」の悲劇も! いま流行のセルフ「ドライブ映像」の正しい撮り方とは

使用するカメラやオススメの固定方法を紹介 今やサーキット走行会やレースに限らず、YouTubeやSNS用に撮る人も多い車載動画。しかし取り付ける位置や固定に失敗し、ブレブレの映像しか残っていなかった」なんて苦い経験を持つ...

続きを読む...

ヘタでも遅くても「堂々と」が基本! 初心者にこそ憶えておいてほしいサーキットでの「抜き方」「抜かれ方」

サーキット走行で身に付けておきたいマナー 一般道より安全といわれるサーキット。しかし事故が起きるときは起きる。その多くは追い越しの際に発生するといわれており、抜く側にも抜かれる側にも細心の注意が求められるのだ。安全かつ…

続きを読む...

見逃してはいけないクルマの「悲鳴」! サーキット走行中に行うべき「診断」とは

愛車を壊さないために注意しておくポイント 一般道よりも高いスピード領域で、コーナリングで身体にかかる“G”も桁違いに高かったりと、非日常のドライビングを満喫できるサーキット。走っている最中はテンションも上がりがちで、気付...

続きを読む...

オイル交換はサーキット走行の「前」か「後」かの論争に「凄腕メカニック」が決着を付ける!

できれば走行「前」「後」どちらも交換がベストだが… クルマ好きな大人の趣味として定着しているサーキット走行やジムカーナ練習会などの参加型モータースポーツ(以下、まとめてスポーツ走行)。公道では味わえない速度領域やコーナー…

続きを読む...

サーキット初心者「女子」がいきなり富士スピードウェイに挑戦! 緊張と快感のライブリポート

ド素人女子の「いきなりサーキットデビュー」記 皆様こんにちは。70ランドクルーザーとキャンプをこよなく愛す、自動車ライターの矢田部明子です。そんなアラサー女子の私が、今回はNAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケッ...

続きを読む...

1 / 812345...»