「タグ: 走行会」の記事一覧

気温が低いとクルマがパワーアップ? サーキット走行に適した意外な季節とは

夏はエンジンやタイヤへの負荷が高まる 一般にはサーキット走行は冬がオススメといわれています。これは外気温が低いので、エンジンが冷えやすいし、熱による負担も少ない。また、外気が冷えているので空気密度が高く、エンジン出力が…

続きを読む...

安全性もタイムもアップ! サーキット走行前に下ろすべき車内の意外なモノ

ムダな積載物は走行時のデメリットに繋がる サーキット走行前の準備といえば、タイヤの空気圧やオイル量の確認など、メカニカルな部分を占める。しかし車内にも運が悪ければ大きな事故に繋がる、忘れていけないチェック事項が数多い。…

続きを読む...

暑い真夏でもサーキット走行中はエアコンをOFFにすべき理由とは

タイムアタック時のみエアコンOFF サーキットを走る時、エアコンは切る。昔から都市伝説のように言われ続けているが、その理由は果たして何なんだろう。エアコンを動かすコンプレッサーの負担が増し、加速が悪くなるとかエンジンが壊...

続きを読む...

車検がないから改造自由!ナンバープレートのないサーキット専用車を買うメリットとは

使い勝手やコストを徹底比較 ナンバーなしのサーキット専用車。街乗りさえしなければ自動車税などの維持費はゼロ、エアコンどころかヒーターまで外して軽量化したり、車検を気にすることなくチューニングもできる。こう考えるとメリッ…

続きを読む...

初めてのサーキット走行会!愛車のチェックポイントと準備すべきアイテムとは

油脂類やタイヤ&ブレーキのチェックは必須 走行会などで初めてサーキット体験。当然ながら一般道とは走る目的や環境も異なるため、クルマも同じ状態でいいワケがなく、スポーツ走行を想定した準備が必要だ。アマチュアでも手軽にでき…

続きを読む...

車両価格も維持費も安い! サーキット走行にオススメな軽自動車5選

走りが楽しく初心者にもオススメ この10年で飛躍的に増えた軽自動車によるサーキット走行。車両価格や維持費の安さはモチロンだが、魅力的なイベントやパーツが増えたことも一因だ。そこでコレから走りたい人にピッタリの軽自動車を、.…

続きを読む...

サーキット走行での残念な行為4つ! 守るべきルールとマナーとは

初心者でも知っておけば楽しく走れる 気兼ねなく愛車を全開走行できる場所といえば、サーキット。いわゆるスピード制限など公道のルールは適用されないけど、クローズドコースにも独自のマナーやルールが存在する。知らず知らずのうち…

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...