「25年ルール」の記事一覧

「25年ルール」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

中古4000万円の激レア車も! どれもが圧倒的な名車の「第2世代GT-R」のコンプリートカー6選

走りだけでなく中古車価格も別格のモデルたち アメリカのクラッシックカー登録制度である通称「25年ルール」の仲間入りを果たしたことや、ゲームソフト「プレイステーション」の普及により、日本独自のドメスティックカーから世界に知.…

続きを読む...

アメリカの25年ルールで貴重な日本車が海外流出! 2020年、価格高騰が予想されるクルマ3選

クルマの価値は文化的遺産としても跳ね上がる 原則的に右ハンドル車の輸入が禁止されているアメリカ合衆国において、生産から25年経過したクルマはクラシックカーもしくは骨董品として扱われ輸入が解禁される、通称「25年ルール」が...

続きを読む...

25年ルールだけじゃない! ネオクラシックな日本車にアメリカ人が熱狂するワケ

グランツーリスモの影響も受けている このところ自動車メディアで「25年ルール」という言葉を目にすることが増えている。これはアメリカにおける輸入車の特例措置として、生産から25年を経た車両については右ハンドルであっても輸入...

続きを読む...

スープラやRX-7まで! 90年代の国産スポーツカーがアメリカで人気のワケ

アメリカでは日本より早く生産終了 自動車大国であるアメリカでは、現在90年代の国産車が大人気となっている。それは生産から25年が経過した車両であれば大掛かりな検査やテストをしなくても合法的にアメリカで乗ることができるとい...

続きを読む...

中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

ネオクラシックな日本車がブームに 旧車ブームと一括りにしてしまうのははばかられる気もするが、ここ数年でクラシックモデルの中古相場がググっと上がっているのは間違いないところ。誰もが認める名車はもちろんだが、当時はただの実…

続きを読む...

90年代に生まれた自動車はもう古い? 旧車と呼べる条件とは

旧車という定義には主観的な部分が多い クルマ好きのジャンルに「旧車」がある。国産車でいえば、ハコスカ(日産・スカイライン C10型)、トヨタ2000GTなどは生産から半世紀程度となっているので、立派な旧車だと分類されるだ...

続きを読む...