「タグ: Kansaiサービス」の記事一覧

ランエボVIに2.3ℓ搭載・4G63エンジン解体で見えた驚きの真実【不定期連載2】

一般的なオーバーホールの目安は10万km それを感じさせないタフな「4G63」エンジン 三菱『ランサー・エボリューションIX』が搭載する最後の4G63型エンジンを「エボVI」へ換装したオーナーが、少し早めのオーバーホール...

続きを読む...

ランエボVIに2.3ℓ搭載・完成度の高い最終型4G63をさらに進化!【不定期連載1】

代を重ねる毎に進化する名機4G63 最終型MIVEC付きの完成度が光る 三菱『ランサー・エボリューションI』を1993年に新車で購入し、その後、現在の『ランサー・エボリューションVI』に乗り換えたオーナーが、少し早めのオ...

続きを読む...

46万kmスカイラインGT-R・長く乗り続けるための401馬力仕様【BNR32不定期連載7】

HKSタービン仕様としては控えめなパワー 長く乗るためにエンジンの負荷を軽減 ワンオーナーで46万kmを走行した平成3年式日産R32型スカイラインGT-R。 クルマの寿命が延びたとはいえ、自家用車で46万kmを走行した個...

続きを読む...

46万kmスカイラインGT-Rエンジンの呪縛を開放する【BNR32不定期連載5】

耐久性を高めるハイバランス組み上げ 不均衡をなくしてストレスを解消 ワンオーナー走行46万kmの平成3年式・日産R32型スカイラインGT-R。じつはこの個体は新車時から搭載するエンジンとミッション、さらに前後のデフを使い...

続きを読む...

46万kmスカイラインGT-Rエンジンをハイバランス化【BNR32不定期連載4】

エンジンブロックの寿命は約20万km 新車時から残せるパーツはあるのか ワンオーナー走行46万kmの日産R32型スカイラインGT-R。一般的には、エンジンやトランスミッションは、すでに数機目に換装となる走行距離だが、じつ...

続きを読む...

「Kansaiサービス」がトヨタ「C-HR」カスタマイズを提案

2017年モデルGT−R用エアロパーツを新設定 C-HRはマフラーやサスといった機能パーツを披露 地元・関西エリアのみならず、全国にその名を轟かす奈良県のチューニングショップ『Kansaiサービス』が、1月29日に静岡県...

続きを読む...

Kansaiサービスが提案する最新’17年モデルGT-Rのストリート仕様【東京オートサロン2017】

GT-R史上で最も上質な乗り味をするMY17 ストリートに徹した高バランス仕様を発表 日産R35型GT-R史上最高の前後バランスといわれるMY17(2017年モデル)。 Kansaiサービスでは、その速さと快適性を巧みに...

続きを読む...

激化する「トヨタC-HR」チューニングの方向性を占う【東京オートサロン2017】

注目のSUV「C-HR」をカスタマイズ スポーツ系かドレスアップ系か? 世界的な人気となっているクロスオーバーSUV市場に、トヨタが満を持して投入したトヨタC-HR。 発売は2016年12月14日と東京オートサロンの1カ...

続きを読む...

「Kansaiサービス」が7月9日からお得なチューニング&メンテ相談会を開催

向井代表がカフェのマスターに転職!? チューニング&メンテナンス相談会を開催 日産GT-Rからスバル、トヨタ、ホンダ、そして近年は輸入車のチューニングも手掛ける「Kansaiサービス」が、7月9日(土)〜18日(月・祝)...

続きを読む...

機能性と存在感を備えたホンダS660用「Kansaiサービス」エアロ

UVカット素材配合で色褪せない 「綾織ウエットカーボン」仕様 奈良県の老舗チューニングショップ「Kansaiサービス」からカーボンエアロシリーズに新製品が加わった。パーツのボリュームに頼る“野暮な”存在感を醸し出すのでは...

続きを読む...

1 / 212
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • IMPORT
  • SPORTS
  • SEDAN
  • WAGON