「メーカーワークス」の記事一覧 - 5ページ目

さらに車種で絞り込む:

HONDA S660がネオクラシックレーサーへ!! 市販化への期待が高まるボディキット

純正オプションの域を超える遊び心を投入、ホンダアクセスがめざすプラスアルファ!2018年の夏に市販をスタートし、究極の純正オプションとして話題になったホンダ・S660の「ネオクラシック」。ドアとルーフ以外の外装パネルおよ...

続きを読む...

アラフォー世代はドストライク!ロケバニでおなじみ「TRA京都」が手がける最新ワイドボディ

純正のイメージを大きく損なわずスープアップ「ROCKET BUNNY PANDEM」のボディキットで知られるTRA京都のブースには、アラフォー世代以上にとってドストライクとも言える80年代を代表する車両を展示。旧世代の車...

続きを読む...

日産・トヨタを相手に戦ったダイハツのレーシングカー『P-5』

約50年ぶりにフルレストアされた名マシン 1月11日から千葉県幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2019」のダイハツブースでは、新旧ダイハツ車のツートップが人気を分け合っている。 もちろん前者は「コペン クーペ...

続きを読む...

究極のオフロードに対応するスズキ・ジムニー!車外にロールバーを装着するハード仕様

ガード類だけでなく用品にもこだわる 1月11日(金)~1月13日(日)、幕張メッセで開催中の東京オートサロン2019。スズキは新型ジムニーをベースに、自然のなかでの冒険をテーマとするコンセプトカー『ジムニー・サバイブ』を...

続きを読む...

ルノーがメガーヌR.S.に待望の6速MTモデルを追加!

2月より販売予定のモデルをいち早く披露 現行ルノー・メガーヌで最もホットなグレード『R.S.(ルノー・スポール)』はAT(ツインクラッチタイプ)のみの設定。ところが先代モデルは6速MTが人気を集めたうえ、FFハイパフォー...

続きを読む...

市販化確実!?「STI Sport」史上初のスバル・インプレッサ スポーツ登場!

新世代STIのボディ色はジェットホワイト SUBARUは、モータースポーツ統括会社のSTI(スバルテクニカインターナショナル)と共同で、2019年1月11日から13日まで千葉県幕張メッセで開催される「東京オートサロン20...

続きを読む...

無限がホンダ・シビックの超過激コンプリートカーを発表!

市販化を目指して開発中のタイプR 2019年1月11日から幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2017」のホンダ&無限ブースには、話題の軽商用車N-VANをカスタマイズしたコンセプトモデルからシビック、NSXとい...

続きを読む...

5 / 12«...456...10...»

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  5. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  6. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. CR-XにインテRのエンジンを搭載したモンスターマシン

    アメリカの定番チューン「エンジンスワップ」 国産車にも対応したパーツが...

  9. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  10. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...