クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 300万円で今すぐ買える「STIコンプリートカー」! スバリスト垂涎の「S402」のGT性能とは
ワークスチーム
share:

300万円で今すぐ買える「STIコンプリートカー」! スバリスト垂涎の「S402」のGT性能とは

投稿日:

TEXT: 井元貴幸 PHOTO: スバル/Auto Messe Web編集部

  • S402の走り

  • STI製カーボンアンダースポイラーを装着したS402のフロントバンパー

  • S402(ツーリングワゴン)リヤスタイルの走り

  • S402ツーリングワゴンのスタイリング

    WRブルーが眩しいS402のフロントスタイル

  • ツーリングワゴンとしてスタイリッシュさも魅力のS402のリヤスタイル

  • S402(セダン)のフロントスタイル

  • S402(セダン)のリヤスタイル

  • BBS製鍛造18インチアルミホイール+235/40R18タイヤ

  • ハニカム形状がスポーティなフロントグリルに奢られたS402エンブレム

  • S402(セダン)のトランクスポイラーとS402エンブレム

  • デュアルテールを採用したSTI製等長等爆のエキゾーストシステムの出口

  • ハニカム形状がスポーティなフロントグリルに奢られたS402エンブレム

  • スポーティさとプレミアムさを兼ね備えたS402のインテリア

  • プレミアムな本革シートを採用した運転席&助手席

  • SIドライブのダイヤル上に貼られたS402のシリアルプレート

  • S402の車名がデザインされた6速MT用シフトノブ

  • プッシュスターターにもSTIロゴ入りが奢られる

  • 2.5L水平対向4気筒DOHCツインスクロールターボエンジン

    最高出力285psを発生させるEJ25型2.5L水平対向4気筒DOHCツインスクロールターボ

  • エンジンルームにはSTIのヒットアイテムであるフレキシブルタワーバーが装着される

  • 夜間のドライブで活躍するドリンクホルダーイルミネーション

  • ステアリングコラムの左下にESP(横滑り防止装置)の解除スイッチを配置

  • リヤのボディ剛性を高めるS402(セダン)のトランクに装着されたフレキシブルフロアバー

  • S402(セダン)のトランク

  • デュアルテールを採用したSTI製等長等爆のエキゾーストシステムのテールエンド

  • S402の走り

    グランドツーリング性能は欧州車レベルに達していたS402の走行性能

  • シンメトリカルAWDでウェット走行でも安心のドライブが楽しめる

  • シンメトリカルAWDを採用したS402(ツーリングワゴン)のウェット走行

  • S402の走り
  • S402ツーリングワゴンのスタイリング
  • 2.5L水平対向4気筒DOHCツインスクロールターボエンジン
  • S402の走り

セダンだけではなくツーリングワゴンもあった究極のレガシィ

 STIコンプリートカーのなかでも最高峰にあたるSシリーズ。そのほとんどがインプレッサWRXをベースとしたものが多いのだが、レガシィをベースにしたモデルが2世代だけ存在した。なかでも第2弾となるS402は、Sシリーズ初のツーリングワゴンが設定され、現在でもその希少性と合わせて究極のレガシィとして忘れられないモデルの1台となっている。

2.5L水平対向ツインスクロールターボをSTIが調律

 2008年に4代目レガシィ(BL/BP型)をベースにS402は誕生した。エンジンはベースモデルとなる2.0GT系がEJ20型2L水平対向4気筒DOHCターボを搭載するのに対し、STIがチューニングしたEJ25型2.5L水平対向4気筒DOHCツインスクロールターボを採用。トランスミッションは6速MTのみの組み合わせで、セダンとツーリングワゴンをそれぞれラインアップした。

 2.5Lエンジンをベースとし、等長等爆エキゾーストシステムにツインスクロールターボというメカニズムは当時S402だけの専用メカニズム。4代目レガシィシリーズで最高峰とされる最高出力210kW(285ps)/5600rpm、最大トルク392Nm(40.0kg-m)/2000〜4800rpmという圧倒的なパフォーマンスも見逃せないスペックを誇った。

2.5L水平対向4気筒DOHCツインスクロールターボエンジン

 サスペンションはSTIチューニングによるビルシュタイン製ダンパーとスプリングを組み合わせたS402専用セッティングで、それに加えてSTI自慢のフレキシブル系パーツが、走りの質感を向上。そのほか、STI製ピロボールブッシュリヤサスリンク、BBS製鍛造18インチアルミホイール+235/40R18タイヤなども専用装備した。ブレーキシステムもフロントにブレンボ製18インチ2ピースブレーキローター&対向6ポットモノブロックキャリパー、リヤにブレンボ製17インチローター&対向2ポットキャリパーを採用し、ハイスペックの走りを受け止めるストッピングパワーも申し分なかった。

 乗り味に関しては2.5Lという排気量に、STIチューニングという珠玉のエンジンフィールが低速域から高回転域まで全域で気持ち良さとゆとりを感じることができ、まさに最高のグランドツーリングカーといった印象であった。もちろんSTIのトップガンである辰己英治さんが富士重工業(現SUBARU)から、STIに移籍したタイミングとも重なり、その至高のフィーリングからも辰己イズムを感じることができるモデルだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS