300台も売れなかった超希少車「アラジン」って何? マニアも忘れがちな「スバルのミニバン」3選 (1/2ページ)

300台も売れなかった超希少車「アラジン」って何? マニアも忘れがちな「スバルのミニバン」3選

この記事をまとめると

  • じつは過去にはラインアップがあったスバルのミニバン
  • ドミンゴには「アラジン」というキャンピングカーもあった
  • 国内にもアセントのような3列シートモデルが導入されるか!?

ドミンゴに始まるスバルのミニバン3モデルを振り返る

 SUBARUというメーカーは、レガシィやインプレッサといったセダンやワゴン、SUVをラインアップしているが、古くから6名以上の乗車を可能にする多人数乗車のモデルが少ないメーカーだ。2021年12月現在では5人乗りまでのモデルしか存在せず、下火になってきたとはいえまだまだ人気のミニバンが必要なユーザーからは縁遠いメーカーになってしまった。

 それでも以前は意欲的な3列シートの多人数乗車を可能にしたモデルもあり、家族構成などから3列シートを必要とするスバルファンからも新たなモデルの設定を願う声も数多く聞かれる。今回はこれまでスバルで販売されてきた3列シートモデルを振り返りつつ、紹介しよう。

キャンピングカー仕様の「ドミンゴ アラジン」もあった!

【1983年発売/初代ドミンゴ(KJ型)】

 1983年に登場したスバル初の3列シートのワンボックスカーがドミンゴだ。スバルの3列シート車では唯一スライドドアを有し、2世代にわたり生産されたモデル。とはいえベースは軽ワンボックスのサンバーで、初代ジャスティと共通の1.0L直列3気筒EF10型エンジンを、リヤオーバーハングに搭載したリッターワゴンとして登場した。

【関連記事】アバルト史上最高の美しさに異論なし! 速さも圧巻だった「アバルトOT1300」という名の宝石

初代ドミンゴ画像はこちら

 トランスミッションは5速MTのみの設定で、駆動方式はRRと4WDが選択できた。1986年にはフルタイム4WD+1.2Lエンジン搭載車を追加。のちに4WDモデルはすべてフルタイム方式となったほか、1.2Lエンジンに統一された。エクステリアはボディのシルエットこそサンバーそのままではあったが、角型4灯式ヘッドライトや専用の前後バンパーなどでぱっと見の印象は異なっていた。

 インテリアでは軽自動車のサンバーがベースとなるため、当然ながら室内空間はお世辞にも広くはないが、逆にそのコンパクトさゆえに、山間部や都市部といった狭隘道路の地区で重宝された。限られた室内空間を最大限に活かすため、停車中には運転席と助手席を回転し、セカンドシートやサードシートと対座レイアウトを可能にすることで、アウトドアフィールドでのベース基地としても重宝した。

 また、1994年にはベースモデルのサンバーのフルモデルチェンジから遅れること4年目にして、ドミンゴもフルモデルチェンジ。初代モデルと比べると前後バンパー以外はベースのサンバーと同一のエクステリアとなったが、サンバーよりも大型化されているフロントバンパー内にはY字型フレームを追加し、前方からの衝突安全性を高めていた。2代目ドミンゴ画像はこちら

 エンジンは初代4WDモデルと同じ1.2L直列3気筒EF12型エンジンを踏襲するが、キャブレター方式からインジェクションへと進化。トランスミッションもMTに加え、スチールベルト方式の無段変速機 ECVT車が設定された。ドミンゴアラジン画像はこちら

 また、この2代目ドミンゴにはルーフをリフトアップし、内部をベッドスペースとして使えるキャンピングカー「ドミンゴ アラジン」を追加。ルーフのリフトアップ機能のみを備える「アラジン リフトアップルーフ」とギャレーやサブバッテリー、外部入力電源など本格キャンピングカー顔負けの装備を備える「アラジン キャンパー」の2タイプが設定された。ドミンゴアラジン(リフトアップルーフ)画像はこちら コアなユーザー層から一定の支持を得ていたドミンゴだが、軽自動車の規格が変わり、乗車人数を除くとサンバーとの違いが少なくなったということもあり、1998年に生産を終了した。しかし、このドミンゴの生産終了を待っていたかのように他社から軽ワンボックスベースの3列シートリッターワゴンが続々登場し、当時人気を博した。スバルファンとしてはドミンゴの終焉を惜しむ一方で、15年以上も前から、コンパクトワンボックスのシェアをほぼ独占していたことを考えるとスバルの先見の明に感服する。

画像ギャラリー