「キャンピングカー」と「オプション盛り盛りのミニバン」どっちがいいの? 今買うべき「車中泊カー」とは? (1/2ページ)

noteで書く
「キャンピングカー」と「オプション盛り盛りのミニバン」どっちがいいの? 今買うべき「車中泊カー」とは?

この記事をまとめると

  • 高額になりがちなキャンピングカーは必要か!?
  • アウトドアで使える装備充実のミニバンが台頭!
  • キャンプスタイルに合わせて選択肢が異なる!!

キャンピングカーと車中泊カーを考察しながら使い勝手の違いを考える!

 本サイトで、以前キャンピングカーの不要な装備を記事化したところ「キャンピングカーはいらないじゃん!?」という結論が出てしまった。そこで、最近流行の「バンライフ」やライトな「軽キャン」など、8ナンバー登録できて、装備充実なキャンピングカーほどじゃないけど、十分にキャンプやアウトドアが楽しめるいま流行の車中泊カーを考えてみる。

キャンプスタイル次第ではキャンパー装備を持て余してしまうことも……

 8ナンバー登録のキャンピングカーを考察した記事を執筆した際、使用頻度の低い装備を考えたら「キャンピングカーは不要」との結論に達してしまった。ここで、間違えないでほしいのは「キャンピングカー」を否定しているのはなく、一般的な「オートキャンプ」を楽しむ人たちにとっては「不要」ということである。

【関連記事】タイムスリップしたかのような優雅すぎる趣味! クラシックカー・ピクニックに憧れしかない

オートキャンプ場画像はこちら キャンプ場でタープを張り、自慢の焚き火台でBBQを楽しみ、整備された洗い場でお皿を洗う人たちにとっては高額なキャンピングカーは「宝の持ち腐れ」になるということだ。

キャンピングカーの維持費は「安い」というのは誤り

 そもそも、8ナンバー登録のキャンピングカーだが、今、多くのキャンパーたちに支持されているのは「バンコン」と呼ばれるモデル。ハイエースやNV350などのミニバンがベースとなり、コンパクトな軽キャンパーではN-BOXやN-VANが主流になっている。200系ハイエース(ワゴンGL)画像はこちら もちろん、キャンピングカーとして8ナンバー登録をする場合には、車室内の高さ(床面から1600mm以上)や乗車定員の1/3以上になる就寝定員の確保、10L以上の給排水設備や炊事設備を備えていることなど、多くの条件をクリアしていなければならない。

 もちろん8ナンバー登録されたキャンピングカーにはメリットもあり、税金面の優遇や商用車ベースの場合には車検取得期間が毎年2年へと変更される(4ナンバーや1ナンバーは1年ごとの車検)。自動車任意保険画像はこちらしかし自賠責保険や任意保険は割高となり(※編集部注:任意保険の場合、保険会社によって異なり乗用車とあまり変わらない場合もある)、すべて含めると8ナンバーにしたことによるメリットは微々たるものとなり、維持費でのメリットは商用車と比べて限りなく小さいといえる。

noteで書く

画像ギャラリー