4000万円超えの「超高級ホテル並みのモーターホーム」だって!? 女子ライターもたまげた「個性的すぎる車中泊カー」6選 (1/2ページ)

4000万円超えの「超高級ホテル並みのモーターホーム」だって!? 女子ライターもたまげた「個性的すぎる車中泊カー」6選

この記事をまとめると

  • クルマ女子が「アソモビ2021 in Saitama」で見つけた車中泊カーたち
  • オーク材など天然木を使った温かみあるインテリアがブームに!
  • ラグジュアリーホテルのようなモーターホームの世界も体感♪

アソモビで出会った魅力的な車中泊カーを紹介します!

 2021年10月16日〜17日の2日間で開催された「アソモビ2021 in Saitama」へ行ってきました。このイベントは、昨年まで開催されていた“クルマで旅をすることをテーマにした”「カートラジャパン」が名称を変え、今年から「アソビ×モビリティ」をテーマにキャンピングカーや車中泊カーが多数出展。ほかにもキャンプやアウトドアで役立つグッズやアイテムなどの展示&即売会や、さまざまなワークショップが行われていました。そのなかから、思わずワクワクしてしまう車中泊旅できるクルマたちを紹介していきます!

ジャーナルスタンダードファニチャーとコラボした特別な1台

【GORDON MILLER/GMLVAN C-01JSF】

 ガレージアイテムを展開しているゴードンミラーからは、ジャーナルスタンダードファニチャーとのコラボレーションによって生まれた「GMLVAN C-01JSF」が展示されていました。

【関連記事】普段の街中とは違ってドアの開閉もオーディオも注意! 知らずにマナー違反多発のオートキャンプ場での禁止行為6つ

GORDON MILLER GMLVAN C-01JSF画像はこちら

 日産NV200バネットをベースにした使い勝手の良い4ナンバーサイズのバンは、ボディカラーにアースカラーのベージュとマットブラックなツートーンのカラーリングが印象的。外装にはフロントとリヤにオリジナルのエンブレムやホイール、フューエルリッドなどさまざまなカスタムパーツが装備されています。GMLVAN C-01JSF(ベッド)画像はこちら バンライフを彩ってくれる内装は、ベージュ系で統一されていて明るくお洒落なリビングで寛いでいるような心地の良い空間です。天然木のオーク材を採用しているため、経年変化を楽しむことができるのも魅力のひとつになってます。GMLVAN C-01JSF(ルーフLED)画像はこちら リヤシートはベッドにもテーブルにもなるなど、目的に応じてフレキシブルに変化させることができるREVOシートを採用してます。後方に展開できるオーク材のベッドと組み合わせると、ダブルベッドほどのフルフラット空間が広がります。GMLVAN C-01JSF(リヤスタイル)画像はこちら 遠出のドライブなどで疲れを癒やすために仮眠もできるスペースがあり、キャンプでの車中泊からアクティビティを楽しむにも役立つ1台です。

スズキのエブリイをベースとした丸目が特徴の可愛い「軽バン」車中泊スタイル

【CAMMOC/キャンモック】

 このクルマを出展していたのが、アソモビ2021のメインステージのスタイリングやコーディネートも手がけたインテリアコーディネーターであり、キャンプコーディネーターの三澤真美さん。仲間とセルフペイントで仕上げたという内装&ボディは、オシャレで可愛い車中泊仕様になっています。CAMMOC画像はこちら フロントシート後方の空間はウッディでログハウスのよう。あえて余計な装備は設けず、季節や旅先、目的に合わせて好きなカーインテリアコーディネートを楽しむことができ、軽バンのエブリイベースでありながら居住空間が広く、車中泊から仕事の荷物が多いときにも便利なバンとして「使い勝手が抜群に優れています!」と話してくれました。CAMMOC(インテリア)画像はこちら また三澤さんは、エブリイをレトロな雰囲気にカスタマイズしたこの「ピコット」で、お子さんと全国各地キャンプをして巡ったそうです。CAMMOC(防災グッズ)画像はこちら 2年前から「キャンプグッズで防災をしよう」を謳い、親和性のあるアウトドアと防災をリンクさせた活動にも尽力され、出展ブースには防災時にも役立つキャンプグッズが揃えられていました。

パッと目を惹くミントグリーンのハイエース

【CRAFT PLUS/TYPE 200 HIACE】

 イベント会場で目を惹くミントグリーンのハイエースに、思わず目が止まりました。200系ハイエース用にベッドキットなどを展開する老舗ブランドであるクラフトプラスが製作した、さまざまなユーティリティパーツでお洒落にカスタムしたミントドグリーンの200系ハイエースを紹介します。CRAFTPLUS(デモカー)画像はこちら 特徴はハイエースの広さを最大限有効に使えるLDGカードキットです。ベッドマットが4分割されていて、キャンプをするときには外に持ち出してベンチとして使えるほか、荷室を作業台として使える棚とベッドをセパレートできる空間が演出できたり、ワーケーションにも使える仕様になってます。CRAFRPLUS(ベッドキット)画像はこちら もちろん荷室スペースを使い方に合わせて拡張することができるなど、アイデアたっぷりの超優れモノです。CRAFTPLUS(ベッドマット)画像はこちら 女子目線で気になったのは、「デニム」生地を採用したシートカーバやベッドキット、各種コンソールボックスの作り込みです。反応染料を使用した新素材の”NEXT DENIM”を使用しており、白い衣服にも色移りしない配慮がありがたい仕様になってます。CRAFTPLUS(デニム地シートカバー)画像はこちら ほかにも前席シートカバーの裏側にはポケットが付いていて、後席に乗る人がスマホを入れたり小物を収納することができます。CRAFTPLUS(デニム地シートカバー/ポケット)画像はこちら コンソールボックスのドリンクホルダーにはウォールナットが使われているのもポイントで、温かみのある仕上がり。すべて日本の職人が作るメイドインジャパンの逸品というのも魅力ですね。

画像ギャラリー