キャディラックの次世代EVが見えた! 「セレスティック」でラグジュアリー路線復権なるか!?

キャディラックの次世代EVが見えた! 「セレスティック」でラグジュアリー路線復権なるか!?

この記事をまとめると

  • キャデラックから全車電動化に向けたショーカーが初公開
  • 過去モデルからデザインのヒントを得ている
  • インテリアのディスプレイにも注目

キャデラックブランドの伝統が受け継がれている

 キャデラックは、2022年7月22日に、次世代EVフラッグシップセダン「セレスティック」のショーカーを初公開した。これは同社の全車電動化をリードするために考えられたモデルとなる。

 開発にあたってデザインとエンジニアの両チームは、戦前のV16エンジンを搭載した特注の「コーチ」や、手作業で組み立てられた1957年に登場した「エルドラド ブロアム」など、初期のキャデラックセダンを特徴づける職人技とカスタマイズモデルからヒントを得ている。

 ボディ全体をあらためて確認すると、ロールーフスタイルは1950〜60年代のキャディラックを彷彿させる。また、よく目を凝らしてみると、フロントフェンダーには同社のアイコンだった「フライングゴッデス」のボンネットマスコットをあしらったデザインも見受けられる。各部に120周年を迎えるキャデラックブランドの伝統が受け継がれているのだ。

次世代を感じさせるインテリアにも注目

 注目するべき点はボディだけではない。次世代のキャディラックを表現するための素材と技術も盛り込まれている。

【関連記事】レクサス新型「IS500」は「IS F」の再来なるか!? 自然吸気V8をいまリリースするレクサスの英断に拍手!

キャディラック・セレスティックの詳細

 インテリアは、55インチのLEDディスプレイのほかに、LEDインタラクティブ・ディスプレイを採用。この55インチアドバンストLEDディスプレイは、アクティブプライバシー技術である電子デジタルブラインドを備えたパッセンジャーディスプレイが導入され、ドライバーの視界から映像コンテンツが見えないように工夫されているという。

 また、浮遊粒子デバイス(SPD;Suspended Particle Device)を使用したスマートガラスルーフは、4席の照明の明るさを別々に変えることができ、乗員は快適さや視界を微調整することが可能となる。

 もちろん、安全性にも抜かりがない。GMの次世代ハンズフリー運転支援技術「ウルトラクルーズ」も搭載している。

* * *

 チーフエンジニアのトニー・ローマ氏は、セレスティックについて次のようにコメントしている。

「これらのモデルは、それぞれの時代に置いてラグジュアリーの頂点を極め、キャディラックの世界をスタンダードにすることに貢献しました。セレスティックショーカーは、最高のラグジュアリー体験を提供するスーパーセダンであり、その血筋に基づいて、過去のモデルが表現した新生の精神を受け継いでいます」

 セレスティックの量産車については、後日発表となる予定とのこと。今後の動きにも注目していきたい。

画像ギャラリー